卒後年数

後期研修年数

身分

研修内容

1

 

研修医

 

2

 

研修医

3

1

医員

新患の医療面接を行い、乳房視触診などの診療法、面談法や乳房超音波検査、画像ガイド下生検(細胞診、針生検、マンモトーム生検)を研修し、ファントムを使用してのトレーニング・専門医の指導のもと検査を行う。また、マンモグラフィ読影認定医の指導の元、マンモグラフィの読影法を研修する。

乳腺手術の助手・術後患者の管理

4

2

医員

外科専門医取得のための手術研修(当院または関連病院)

腫瘍内科、臨床病理部など関連診療科での研修も可能

学会発表・論文発表の開始

5

3

医員

6

4

医員

乳癌手術(執刀医として40)、超音波検査、画像ガイド下生検の術者

乳癌検診の実施、インフォームドコンセントの実施

7

5

医員

乳癌手術(執刀医として60)、希望者は他病院で形成外科などの研修(6カ月)

術前化学療法・術後補助療法の適応決定、術後のfollow upと再発症例の治療

8

6

医員

乳癌手術の執刀・指導、各種検査の術者・指導

臨床研究の理解と参加、最新EBMの理解とその実施


































                                    戻る