三重大学医学部附属病院乳腺センター   本文へジャンプ
検査について


1)マンモグラフィー検査
乳房専用のレントゲンです。乳房をはさみ2方向から撮影します。
(乳房を圧迫しますので、多少痛みを伴う場合がありますが、痛みの度合いには個人差があります。)
一般検診にも導入されており、この検査により、以前では発見されることのなかった非触知(触診では発見されない)乳がんの早期発見が飛躍的に増加しています。
この検査では放射線を使いますが、乳房を圧迫により薄く伸ばすことと、フィルムや装置の改良により、被ばく線量はわずかです。
 
   
   

2)エコー(超音波)検査
 
乳房にゼリーを付け、超音波をあてることにより、乳房内の、しこり、石灰化を発見します。痛みを伴うことはなく、非常に簡便に行える検査です。マンモグラフィーではうまく検査のできない女性にも有効です。

3)細胞診(FNA)検査
 
エコーをあてることによって、見える病変に細い針(採血の際に用いる針と同じ太さの針です)を刺し、吸引することにより、病変から細胞を採取します。顕微鏡下に採取した細胞を観察することにより病変の性状を確認し診断を行います。

4)針生検(CNB)
 
細胞診では診断のつかないような病変に対して行います。細胞診と比べ少し太い針を用いますので、局所麻酔をした後、エコーでみえる病変に針を刺し、病変部の組織を採取します。採取した組織を顕微鏡にて観察し診断します。

5)マンモトーム生検
 
針生検と同様、組織を採取して、その組織を顕微鏡にて観察することにより診断します。針生検と異なり、組織がたくさんとれるため、より確実な診断が可能です。また、外科的生検(腫瘍摘出術)と異なり、約5mm程度の傷で行えるため傷口の縫合の必要はなく、生検後の傷はほとんど目立たなくなります。マンモトーム生検には、使う装置により次の2種類があります。

 
ステレオガイド下マンモトーム生検
マンモグラフィーで石灰化を指摘されたものの、エコーでは発見されない病変に対して行う検査です。乳房に局所麻酔を施行した後、マンモグラフィ撮影室にて、マンモグラフィを撮影するのと同様に乳房を圧迫します。レントゲンにて石灰化の位置を確認し、約5mm程度の針を刺し、組織を採取します。石灰化が確実に取れていることを確認して検査を終了します。検査終了後は出血の予防のため、約5〜10分の圧迫止血を行います。検査時間は全体を通して30分〜1時間程度ですが、入院の必要はなく、外来にて施行でき、検査後は、来院した時と同様にご自分で帰っていただけます。

エコーガイド下マンモトーム生検
エコーで確認できる病変で、細胞診、針生検でも診断がはっきりしない場合に対して行います。乳房に局所麻酔をしたのち、エコーにて見えている病変に対し、約5mm程度の針を刺し組織を採取します。組織を採取した後、出血の予防のため約5〜10分の圧迫止血を行います。  




臨床研究のお知らせ