地域連携

三重大学がんセンター
地域連携リーダー
櫻井洋至(肝胆膵外科)

がん診療における地域連携

 手術やラジオ波治療、放射線治療や化学療法を受けた後には今までとなるべく同じ状態でお仕事や生活して行くことを誰もが望んでおられると思います。しかし、手術(治療)前とは多かれ少なかれ、健康な時と比べて異なった状態になっていて、不自由や不安を感じる方が多いのではないでしょうか?がんで治療を行っている患者さんや家族の方々が療養、社会や家庭での生活を安心して送れるように、行政、大学、病院、地域の医療機関が連携して(手を携えて)、がん患者さんをサポートして行くのが、がんの地域医療連携です。

 県のがん診療連携拠点病院である三重大学では、手術の合併症、後遺症、抗がん剤の副作用やもともと持っている基礎疾患(生活習慣病など)に伴う療養上の注意など、がん治療医と、かかりつけ医、地域の訪問看護ステーションや薬剤師などが情報を共有し、地域全体でがん患者さんをサポートする体制作り(がん連携クリニカルパス)を推進しています。また、病院で行われた患者さんの検査結果、CT、内視鏡検査などの画像情報、お薬の内容などを、かかりつけの地域の病院、かかりつけ医、訪問看護ステーション、調剤薬局などの医療機関が共有することで安心、安全な医療を提供できるようIT医療連携連携(三重医療安心ネットワーク)の普及など、一つの病院、1人の主治医だけでなく、かかりつけ医も含めて地域全体で患者さんを見守るネットワーク作りを推進しています。