臨床試験

三重大学がんセンター
臨床試験リーダー
田丸智巳(血液・腫瘍内科、臨床研究開発センター)

 医療は新しいお薬や治療法の開発により大きく進歩してきました。しかしながらすべての病気が治るわけではありません。より有効で、より安全なお薬の開発が必要です。治療法や診断法は、有効性と安全性が確認されてはじめて「標準的な治療」として確立します。この有効性・安全性を確認するための研究を「臨床試験」といいます。これまでの医療はこれまでの患者さんの協力によって行われてきた臨床試験によって確立してきたものであり、これからの医療も、同様に患者さんのご協力により新しい医療を開発していく必要があります。

 三重大学附属病院では、臨床研究開発センターがこの新しい治療法や診断方法の開発を支援しております。詳しくは臨床研究開発センターのホームページ( http://www.medic.mie-u.ac.jp/chiken/ )をごらんください。また三重県では、三重県(行政)、三重大学、三重県医師会等が協力して、「みえ治験医療ネットワーク」を作っております。こちらのホームページ( http://www.mie-cts.net/ )もご参照ください。

 全国のがんセンターが協力して、がんに対する新しい治療法を開発しようとしております。三重大学も積極的に参加していく予定です。

 皆様の治験・臨床試験へのご協力をお願い申し上げます。