研修会開催・市民公開講座・広報

三重大学がんセンター
研修会開催・市民公開講座・広報リーダー
井上靖浩(消化管・小児外科)

 2006年「がん対策基本法」が成立し、がんに関する研究、予防および早期発見の推進、がん治療の均てん化が国策として取り入れられるようになりました。現在、全てのがん患者、家族の苦痛の軽減・療養生活の質の向上を目的とするにあたり、患者および患者家族への相談支援および情報提供体制を充実させることが急務とされており、私ども教育部門の重要な使命もまさにここにあります。すなわち教育部門では、がんに対する化学療法、手術療法、放射線療法、緩和医療などの講演会、技術的な講習会を定期的に開催し、県内の各病院、医院へも積極的に案内し、県内のがん治療の標準化をはかります。また県民の皆さんへの広報活動として、がんセンターの活動内容やがん診療に関するさまざまな情報をホームページに掲載したり、パンフレットで配布することにより、がんについての知識を広め、早期発見、治療だけでなく、がんの予防などについての啓蒙活動を進めます。