相談支援

三重大学がんセンター
相談支援リーダー
内田恵一(医療福祉支援センター)

 医療福祉支援センターが「がん相談支援センター」としての機能を担っており、患者さんやご家族の多様な相談内容に、がん看護専門看護師、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士などが応じております。

 「がん患者さんの治療と生活をつなぐ場」として、リボンズハウスが、平日の9時〜16時まで開設しています。がん関連の様々な情報提供の場になっており、パンフレットの配布、図書の貸出やインターネット検索が利用できます。患者さん同士の交流の場として「なごみサロン」、タオル帽子を作ろう会、リラックスヨガ、がん相談会なども定期的に開催しております。

 また、県内がん拠点病院と県がん相談支援センター、県健康づくり室と、がん相談支援センター実務者会議を定期的に開催し、患者さんの相談支援機能を強化しています。