緩和ケアについて

緩和ケアとは?

◆「緩和ケア」はつらくならないようにがんとつきあっていくための方法

 がんになると、痛みや吐き気といった身体のつらさを生じることがあります。心の落ち込みやイライラ、そして仕事の心配や経済的な悩み、家族への想いなども出てくるかもしれません。そうした様々な「つらさ」を、それぞれの患者さんとご家族にあった方法で取り除いていくことが「緩和ケア」です。

◆診断された時や治療中といった早い時期から受けましょう

 緩和ケアを早い時期から取り入れることで安心してがんの治療を受けることができます。緩和ケアはがんが進行している場合にだけ提供されるものではありません。手術や抗がん剤治療などの治療中の患者さんたちにとっても、緩和ケアによってつらさに対処することは、がんの治療と同じように大切です。

<緩和ケアの具体的な内容>

  1. 痛みなどの身体症状の緩和
  2. 不安など心のつらさの緩和
  3. 療養する場所の相談
  4. 境的サポートの紹介(介護保険など)
  5. 家族へのサポート

当院での緩和ケア

当院には緩和ケアセンターがあり、緩和ケアチームや緩和ケア外来の運営を通して患者さんとご家族に緩和ケアを提供しています。

<当院で緩和ケアに携わっている職種>

  • 医師(緩和ケア医、腫瘍内科医、精神腫瘍医、ペインクリニック医、ほか)
  • 看護師(がん専門看護師、緩和ケア認定看護師、ほか)
  • 薬剤師(緩和薬物療法認定薬剤師、ほか)
  • 臨床心理士
  • 管理栄養士
  • 医療社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)
  • 作業療法士
  • 鍼灸師

 少しでも辛い症状や気がかりがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。