臨床試験/治験はなぜ必要?

臨床試験・治験はなぜ必要?
お薬は、私たちの生活において、病気の予防や治療に欠かすことのできないものの一つとなっています。 お薬の開発によって、医療は大きく進歩してきました。しかし、残念ながらすべての病気が治るわけではありません。より良い、 新しいお薬を必要としている患者様がおられます。 そのために、より有効で安全なお薬の開発が求められています。 また、治療・診断法は有効性や安全性が確認されてはじめて標準的な治療として確立します。そしてそれらを確認するためには 多くの患者様の協力をえなければなりません。 これらの情報を継続的に集める取り組みによって、患者様自身、将来の患者様により良い治療を提供できるようになります。 こういった有効性・安全性を科学的に調べることを「臨床試験」といいます。 臨床試験は大きく分けて、治験と研究者(医師)主導臨床試験に分けられます。



臨床試験
治験 研究者(医師)主導臨床試験
厚生労働省から新薬としての承認を得ることを目的とし、未承認薬を用いて行う臨床試験です。厚生労働省による承認が得られると、製薬企業は薬を販売し、認められた範囲内で一般に使えるようになります。 厚生労働省で承認された薬・治療法や診断法から、最良の治療法や診断法を確立すること、薬のより良い組み合わせを確立すること等を目的としています。

日本医師会 治験促進センターのホームぺージへ