治験のルール

治験は人を対象としているため、人権や安全を守るために厳しいルールがあります。これは「医薬品の臨床試験の実施の基準」(GCP)といわれています。治験を行う場合にはこのルール(GCP)をきちんと守り、患者様の安全を第一に考えて行われます。

●製薬会社から申請された治験は、病院内に設置された治験審査委員会で倫理的・科学的に問題がないかが審査されます。当院で行われるすべての治験は、この委員会で実施することの承認を受け、病院長の許可を得ています。

●治験を実施する場合は、必ず文書により被験者の自由意思による同意を得ることが義務づけられています。

●製薬会社は、治験が決められたルール(GCP)に則って行われていることを確認するために、随時病院に立ち入って調査することが義務づけられ、責任の所在が明確になっています。

●治験に参加される方のプライバシー(個人の秘密)は、いかなる場合にも厳重に守られます。