【研究内容】
1)マラリア感染の分子機構:マラリア原虫の媒介動物ハマダラカ中腸・唾液腺及びヒト肝細胞への感染を介在する分子を同定し,原虫の細胞侵入機構を解明する。これらの分子をもとにしてマラリアのワクチンや抗マラリア薬を開発する。
2)マラリア原虫人工染色体の作製と応用:マラリア原虫のセントロメアとテロメアをクローニング・解析し,これらを組込んだマラリア原虫人工染色体を開発する。また,これを用いて原虫のエピジェネティックな遺伝子転写制御機構の解明を試みる。
【指導内容】
 上の研究内容のいずれかに即した個別課題についての研究指導する。上記の研究内容に関連した蛋白質の精製,遺伝子クローニング,DNA構造の解析,遺伝子発現機構の解析,組換え蛋白質の発現調製,遺伝子改変した原虫の作製,分子間相互反応の解析,細胞機能の画像解析,免疫組織化学,電子顕微鏡による観察,免疫電顕解析,などの手技を用いた研究指導を行う。