【研究内容】
@動脈硬化や高血圧などの分子病態の解明を主とした基礎的研究
A心血管病治療薬の新しい作用機序の解明
B肺循環障害(肺高血圧症,肺塞栓症)の病態解明と新規治療法の開発
C慢性心不全の心血行動態解析と新規治療法の確立
D高血圧症に関する疫学研究や介入試験
E血管内画像診断を用いた虚血性心疾患の臨床研究
F心房細動のリモデリングに関する電気生理学的機序の解明と新規治療法の確立
G虚血性心疾患,心筋症患者における心臓MRIを用いた病態解明,予後評価,疫学研究
H遺伝性腎体腎炎の診断と治療法の確立
I慢性腎疾患の治療とマネージメント
J透析患者における合併症の予防


【指導内容】
1.指導手技:培養細胞(内皮細胞,平滑筋細胞および心筋細胞),ラットや遺伝子改変マウスを用いた病態モデルの作成とその解析方法。動物実験および臨床における心臓カテーテル,心エコーを用いた心・肺血行動態解析と評価法。心臓電気生理学的検査を用いた不整脈機序・起源・基質の解析法。心臓MRIを用いた定量化解析,統計分析。高血圧や動脈硬化に関する臨床薬学解析。上記研究内容に関する非薬物治療手技の修得。慢性腎不全に進行するモデル動物を用いて遺伝子治療と各種薬物治療など行い,さらに遺伝子工学的手技・組織学的解析法を学ぶ。
2.各研究について,スタッフがその研究背景,仮説,実験・研究手技から結果の解析・考察を指導して,日本の主要学会ならびに国際学会で発表し,最終的に国際一流ジャーナルに発表できるまで一貫して指導する。