【研究内容】
 1.ウイルス性肝疾患における代謝異常の病態解明
 2.アルコール性および非アルコール性脂肪性肝疾患の病態解明治療法開発
 3.肝疾患に対する栄養療法の開発
 4.肝発癌機序の分子生物学的機序の解明と集学的治療
 5.肝疾患成立における免疫学的機序の解明
 6.肝疾患の新規血中バイオマーカーの探索
 7.血液幹細胞を用いた肝硬変に対する肝再生療法(高度先端医療)
 8.拡大内視鏡を用いた消化管疾患の診断法および効果的な内視鏡的粘膜切除術法の開発
 9.炎症性腸疾患や小腸疾患の病態解明と新規治療法の開発
10.ヘリコバクターピロリ感染と胃炎の進展,発癌との関連に関する研究
11.逆流性食道炎における食道粘膜障害機構の解明
12.新規超音波内視鏡法の開発と聴音波内視鏡下穿刺吸引針生検の検討
【指導内容】
 臨床分野から基礎分野まで様々なテーマ・カリキュラムを準備しており,基礎研究ではその成果が常に臨床にフィードバックされるトランスレーショナルリサーチを重視している。
 研究の遂行に必要な遺伝子操作技術,分子性粒学的技術などの研究手技の習得や,国内外への留学を積極的に支援している。