【研究内容】
 造血器疾患のおよび固形腫瘍の病態解明と新規治療法の開発を目的に下記の研究を行っている。
(1)造血幹細胞の増殖と分化の細胞生物学的解析,白血病の発症メカニズムの解析,白血病細胞の細胞生物学的解析を行う。
(2)悪性リンパ腫の細胞表面形質や遺伝子発現プロファイルを解析し,疾患の亜群を分類し,予後判定と治療の層別化を計る。
(3)シグナル伝達機構における蛋白リン酸化・脱リン酸化について解析し,血栓・止血異常の分子機構を明らかにする。
(4) 血液疾患患者に発生する各種感染症の遺伝子解析による早期診断法を確立する。
(5)乳癌を中心とした固形腫瘍に対するホルモン療法,分子標的療法などに伴う細胞性ならびに液性腫瘍免疫応答を解析する。
(6)薬物療法の効果予測因子の解析を行う。
(7)標準的治療のない癌腫に対する新規治療法開発のための臨床研究を行う。
(8)化学療法に伴う副作用(発熱性好中球減少など)の評価・対策についての臨床研究を行う。


【指導内容】
 上記の研究内容に関連して,細胞培養法,細胞表面抗原の免疫学的解析,造血・リンパ系組織の免疫組織学的解析,遺伝子発現・遺伝子配列・遺伝子導入などの遺伝子操作技術,リン酸化・脱リン酸化などの細胞内シグナルの生化学的解析などの基礎的実験手技と医療統計学を指導する。
また,EBMに基づいて,標準的薬物療法を実践しながら,治療効果,副作用,その評価法などの一般的なマネージメントを指導し,血液専門医,がん薬物療法専門医養成を目指す。