【研究内容】
 開心術補助手段の低侵襲化,大血管疾患の低侵襲治療法の開発,心筋における虚血再灌流障害の研究
 肺腫瘍のテーラーメード治療法の開発,肺移植生着率向上にむけての基礎的研究
【指導内容】
 開心術に必須の手段である,体外循環,心筋保護に関して基礎的,臨床的研究を行っています。大血管疾患の低侵襲治療法について基礎的研究を行っています。心臓血管外科の全ての領域を大学で扱っているため臨床研究の題材は多様です。
 遺伝子情報の分析に基づく新しい肺腫瘍治療法の開発のため基礎的(細胞培養から効果判定まで),臨床的研究(臨床応用における効果判定,レジメの開発)を行っており,それに沿って指導しています。肺移植治療導入にむけて基礎的臨床的研究を行っており,指導大学教員と共に研究を進めます。