【研究内容】
 遺伝子機能を分子レベルから動物個体レベルにおいて解析するため,以下の研究 を行っている。
 1) 遺伝子改動物作製に直結した新規の機能遺伝子の単離システムの開発
 2) 特定の機能遺伝子の条件的活性制御による動物モデルの開発と応用
 3) その他,当研究室で樹立された突然変異動物の解析


【指導内容】
 上記の研究内容に関連した発生工学的技術(トランスジェニック動物やノックア ウト動物作製法など) や基礎的分子生物学的技術(遺伝子の取り扱い方や解析方法) を中心に,実験実習を主に指導する。特に上記の研究内容2)に関連して,癌原遺伝子に特化したコースを設定しており,既製の遺伝子改変・誘導型自家癌モデルを用いて総合的に研究指導する。