【研究内容】
1) 胎児期における器官形成の制御機構
2) 癌,炎症,再生など病変組織における組織リモデリングとその制御機構
3) 器官・組織の維持などの生理的な組織リモデリングの機構
などを中心に現在研究を進めています。 組織を構成する細胞の種類やその配置が変わる現象は,組織リモデリングと一般 に呼ばれています。この現象は,胎児期では器官が発生するときに起きます。病気 の組織で起きるときには,個体にとって良い方向として修復や再生が行われ,悪い 方向として線維化・瘢痕化(たとえば肝硬変) が起きます。また,癌組織では,が ん細胞を助ける方向に働きます。組織リモデリングでは,組織を構成する細胞と細 胞の間で双方向性のシグナル伝達が行われ,細胞が移動と増殖を行い,組織がその 形を変えることにより,新しい組織構造が作られます。この相互シグナル,細胞の 移動,増殖を担っているサイトカインや細胞外マトリックス蛋白,および細胞外マ トリックスを分解するタンパク分解酵素の組織内発現を解析し,どのような機構が 組織構築をどのようにして変えるのかを検討し,この機構を促進,抑制する手段を 見つけ,診断・治療への応用を研究しています。

【指導内容】
 ヒト組織構造の知識を基盤として,病変臓器の変化およびそこでのこれら蛋白や そのmRNAの組織切片上での発現を解析すると共に,遺伝子および蛋白発現を生化 学的に解析します。また,遺伝子改変動物,疾患モデル動物を作成し,同様の手法 を用い解析します。さらには,これら蛋白機能の相互連関をよりはっきりとするた めに,培養細胞を用いてin vitroで再構成し,遺伝子工学・生化学的手法を加えて, 生体内で起きている現象を再現し検討します。これらを通じて,分子から個体の各 レベルまでを総括的に扱え,ヒトの疾患をさまざまな手法を用いて研究できるよう に,実験実習を中心に指導します。