【研究内容】
 侵襲に対する生体の反応と制御,救命救急医学,救急外来(ER),病院前救護,地域救急医療体制について,基礎医学的・臨床医学的・社会医学的な多角的研究を行う。国際災害医療,地域災害医療,災害現場医療,災害に対する病院の対応,災害に対する地域住民活動に関する研究を行う。

【指導内容】
 臨床救急医療の現場としての附属病院救急部を中心に,救急医療・災害医療・集中治療を学ぶ。のみならず,地域や世界に出かけて救急医療体制・災害医療体制の構築や検証に参画し,世界レベルの救急医学・災害医学専門家を養成する。