【研究内容】
 心身の健康増進と予防の観点から,以下の1) 内科学的および2) 精神医学的研究を行っている。
1) 社会で問題視されている生活習慣病や感染症,睡眠障害関連疾患を研究対象とした予防と治療に関する基礎的・臨床的研究
2) 周産期における気分障害の病態発生に関する臨床研究,母子精神保健増進の開発方法と応用,生殖ホルモンなどの精神神経内分泌学的研究

【指導内容】
1) 肥満・糖尿病・脂質異常症・高血圧などの生活習慣病に対し,臨床疫学的手法と分子生物学的手法を用いた病態解析ならびに疾病予防についての研究−特に臨床疫学と分子生物学の接点を見い出す研究,糖尿病発症予防のための介入方法の開発,COPDと肺がんの予防に関する禁煙指導のあり方,ワクチンによる呼吸器感染症などの予防効果の臨床疫学的解析,睡眠時無呼吸症候群の病態解析と予防・治療法の開発などについて研究指導をする。
2) 周産期に出現する精神障害の概略の理解とうつ病のスクリーニングを用いた予防的介入法,妊産褥婦の自殺・虐待防止のための精神保健予防システムの構築を目指した質的研究方法の習得,生殖ホルモンに起因する気分障害発生の病態解析とその発現メカニズムについての研究指導をする。