三重大学大学院医学系研究科臨床医学講座 消化器内科学

shadow
後期研修について

後期臨床研修医募集-プログラムのご案内
消化器内科後期研修プログラムの概要
 消化器専門医養成プログラム
 先端内視鏡・低侵襲インターベンション専門消化器医養成プログラム
 消化器癌先端診療専門医養成プログラム
 研修関連施設
 研修例
後期研修医からのメッセージ(卒後3年目)
三重大学研修時に関する待遇に関する事項

後期臨床研修医募集-プログラムのご案内
医学部生、初期臨床研修医の皆さん、3年目からはどうしますか?
私たちは、夢と情熱と使命感をもった人間性あふれる医師の育成を目標としています。診療では確かなEvidence Base Medicine (EBM)に基づいた患者指向型医療の実践を目標としています。消化器内科としては、内科医としての幅広い基盤を持った上で、消化器疾患全般の基本的な診療に関する知識・技能を修得し、緊急事態にも迅速かつ適切な対応ができる判断力を養うことを大切にしています。また、単なる技術習得、専門医取得を目標とせず、さらに進んだ消化器内科医としての個々のアイデンテティーを持った医師に成長するための研修としたいと思います。
また、診療と併行して、臨床研究や臨床に直接フィードバックできる基礎研究にも積極的に取り組んで頂ける環境を提供します。

消化器内科を志す学生、研修医、医師の皆様をお待ちしています。


消化器内科後期研修プログラムの概要
すべての消化器疾患に対する基本的な知識を習得し、専門医の指導の下で診断・治療にあたります。特に、胃腸疾患、胆膵疾患、肝疾患のすべての分野の診断と治療を学びます。検査では、上部・下部内視鏡、超音波、CT、MRIを中心に画像診断能力を向上させます。また、後期研修のはじめの時期には、一般内科診療能力を身につけるための研修も行っていただきます。(後期研修1-2年)。
基礎的能力を身につけた後には、救急疾患への対応、重症肝疾患のマネージメントの研修をします。検査・治療では、超音波内視鏡、ERCP、内視鏡的治療、肝生検、ラジオ波焼灼療法、癌に対する化学療法などの研修を行います。(後期研修2-4年)
さらに、上記研修を修練するとともに、検査、治療を指導医の元で自ら行います。また、消化器診療チームリーダーとして、消化器疾患の診断から治療までを、外科や放射線科とのディスカッションとともにマネージメントしていただきます。(後期研修3-6年)

後期研修のプログラムにおいては、大学および関連病院が連携して、それぞれの施設の診療特徴を生かした研修プログラムを個々に応じて作成します。各種専門医取得まで卒後約7-8年必要です。またサブスペシャリティーの専門医の資格取得には認定内科医の資格が必須であり、学会規定の研修内容を終了していることが必要です。また、専門医取得の条件として学会発表および論文執筆が点数化される場合があります。専門医となりさらに診療経験を積むことにより指導医の資格が取得できます。

研修終了後は、三重県下の関連施設で消化器専門医として活躍していただきます。または大学院で医学博士取得のための研究をする道もあります。大学病院の教官として活躍していただくため、診療に加えて研究や教育に従事する意欲のある専門医を求めています。

専門医資格 認定学会 必要研修年(卒後)
内科認定医 日本内科学会 3年
総合内科専門医 日本内科学会 6年
消化器専門医 日本消化器病学会 6年
消化器内視鏡専門医 日本消化器内視鏡学会 7年
肝臓専門医 日本肝臓学会 7年
超音波専門医 日本超音波医学会 7年
がん治療認定医 がん治療認定医機構 約9年以上
FACP (米国内科専門医) 米国内科学会 約10年以上
FACG(米国消化器専門医) 米国消化器病学会 約10年以上

後期研修のコースとしては、3つのプログラムを準備していますが、個々の研修医によりフレキシブルに対応させていただきます。どのプログラムも各々の目標に応じて大学病院および研修病院をローテートしながら研修します。

消化器専門医養成プログラム
本プログラムは消化器分野の全領域にわたる疾患に対し、診断、治療等に精通した消化器専門医を目指すプログラムです。内視鏡や超音波の診断技術の取得のみならず、内視鏡的治療などの経験を積んでいただきます。また、多数の救急疾患に対応していただきます。
消化器病学会研修ガイドライン、消化器内視鏡研修ガイドラインおよび肝臓学会研修ガイドラインに沿った研修を行います。そのために、肝臓、消化管、胆道、膵臓すべての領域において多数の患者を受け持ち、あらゆる手技を経験し習熟することが必要です。例えば消化器内視鏡専門医には上部内視鏡1000例以上の経験が最低必要です。
さらに、再生医療や免疫療法などの高度先進医療などの経験もしていただきます。
また、この間、積極的に学会発表、論文発表をするための指導を行います。大学院に入学し、学位取得も同時に目指すことも可能です。

先端内視鏡・低侵襲インターベンション専門消化器医養成プログラム
近年消化器・肝臓内科学の進歩は目覚しく、検査の領域拡大と精度向上、治療学上の技術突破が顕著です。なかでも早期食道・胃・大腸がんの内視鏡的治療、肝腫瘍に対するラジオ波熱凝固療法など、低侵襲でありながら根治性の高いインターベンションが登場し、わが国の消化器内科医が世界をリードしています。これらは高度で多岐にわたる手技の習得と最新のリスクマネジメントを要すことから、単一施設における専門医の養成は極めて困難です。そこで、様々な専門領域の病院の研修を積極的に推進いたします。
本プログラムは、消化器内科の確かな基盤のうえに、先端内視鏡、低侵襲インターベンション専門消化器内科医を養成することを目的としています。

消化器癌先端診療専門医養成プログラム
消化器癌は日本人の死因でトップであり、消化器癌の予防、早期診断の確立から、低侵襲の内科的治療の技術開発、さらに進行癌のマネージメントまで、消化器癌に対する集学的医療を確立することは国民のニーズです。そこで、本プログラムでは、消化器癌治療の共通基盤となる腫瘍学の知識およびその実践を支える医療技術に習熟し,医療倫理に基づいた消化器癌診療を実践する優れた医師を養成することを目的とします。早期診断では、最新の内視鏡技術および最新の画像診断力を養成します。また治療においては、高齢患者の増加をふまえて、低侵襲の内視鏡的治療の技術、また肝癌に対するラジオ波焼灼術などの先端医療の技術習得、また最新の化学療法に習熟します。以上の医療技術習得を達成させるとともに、臨床を基盤にした基礎を含む幅広い癌研究を行うことにより、腫瘍学の幅広い基礎的、臨床的知識を養います。大学院に入学し腫瘍学の基礎研究にも従事できます。

研修関連施設
県 内
山本総合病院 桑名市民病院
四日市社会保険病院 県立総合医療センター
鈴鹿回生病院 鈴鹿中央総合病院
上野総合市民病院 名張市立病院
松阪中央総合病院 済生会松阪総合病院
松阪市民病院 山田赤十字病院
市立伊勢総合病院 県立志摩病院
尾鷲総合病院 紀南病院
県 外 (実績)
国立がんセンター中央病院、東病院 愛知県がんセンター
順天堂大学 自治医科大学など
海 外 (実績)
フランクフルト大学 マサチューセッツ総合病院など

研修例
消化器専門医養成プログラム


後期研修医からのメッセージ(卒後3年目)
私は、県内の市中病院にて初期研修を受けた後、4月から大学病院で後期研修を行っています。一般病院から大学病院へと環境が大きく変わり、専門性という壁にぶつかりながらも、新たな技術や知識を習得すべく、充実した日々を送っています。
大学病院には、診断や治療が困難な症例や、経験することが難しい稀な疾患など、貴重な症例が集まってくるため、専門性を磨くためには適した環境であると思います。また、そのような症例に対しても、高度で先進的な医療を提供できる各分野の指導医が揃っており、指導体制も整っています。
研究や学会活動も盛んであり、専門医や学位の取得を目指す上でも、好条件だと思います。スタッフの方々は、教育熱心であり、臨床にて困難な場面に遭遇した場合でも、サポートする体制ができている為、必要以上のリスクを負う事はなく、研修に専念できることも非常に良い点だと実感しています。


三重大学研修時に関する待遇に関する事項
待遇:三重大学医学部附属病院医員として採用されます。
詳細は三重大学後期研修医募集ページをご参照ください。
当科では、過重勤務とならないように注意をはらい、家庭やプライベートの時間を大切にしていただきます。また、有給休暇の消化、十分な夏期・冬期休暇を保証します。(当科では夏休み2週間取得は義務です)
国内外学会に積極的に出席するための旅費等の補助をいたします。
女性医師の出産・育児や臨床へのカムバック支援に関しても配慮をさせていただきます。

 


スタッフ紹介診療案内診療実績光学医療診療部リンク集
臨床研修医募集学生の皆様へ大学院生募集診療と研究の紹介交通アクセスホーム
copy
line