三重大学大学院医学系研究科臨床医学講座 消化器内科学

shadow
診療と研究の紹介

高度な医療、先進的な医療を展開しています
 ・主な診療対象疾患
 ・スタッフの取得専門医
 ・高度先進・特殊医療
 ・特徴的な検査・医療設備
 ・主な診断と治療実績
 ・治験
研究の概要
臨床研究等の実績
 肝臓分野
 消化管分野
 胆道・膵臓分野
 臓器相関
研究留学
高度な医療、先進的な医療を展開しています。
消化器疾患全領域を対象として、適確な診断や最適で患者様に優しい治療を実践しています。
内視鏡では、最先端の内視鏡やカプセル内視鏡を導入し、東海地区でも屈指の症例数です。
肝疾患では、肝炎・肝硬変や肝癌に対し最新の経口剤療法やラジオ波熱凝固療法を多数施行するとともに、肝硬変に対する栄養療法を基軸とした総合管理、肝移植前の検査なども行っています。
また、「肝炎相談支援センター」を 開設し、県内の肝疾患の診療ネットワークの中心的な役割を果たしています。
膵炎、劇症肝炎、クローン病などの難病に対しても、新しい治療法を実施しています。
肝炎の治療反応性を予測する遺伝子診断(薬剤耐性変異)を用いたテーラーメイド医療、非アルコール性脂肪性肝炎に対する鉄制限食、酢酸散布を併用した拡大内視鏡による癌の診断などの独自性のある医療を推進しています。
三重県随一の臨床試験担当科として多くの治験を実施し、最新の治療薬へのアクセスを提供しています。
主な診療対象疾患
肝疾患
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝、自己免疫性肝炎、原発性肝癌および食道静脈瘤の診療に取り組んでいます。また、新規薬剤等の臨床試験も積極的に進めています。
消化管疾患
食道、胃、小腸、大腸などの消化管疾患の診療に取り組んでおり、早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、消化管出血に対する低侵襲カプセル内視鏡、クローン病・潰瘍性大腸炎に対する新規薬剤等の臨床試験も積極的に進めています。
胆膵疾患
最新の医療機器を用い、胆嚢、胆道、膵臓などの疾患の診療に取り組んでおり、超音波内視鏡下での針生検(EUS-FNA)による組織診断、ドレナージほかステント治療などを多数施行しています。
スタッフの取得専門医
日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会の指導医を多数擁し、また多くのスタッフが専門医を取得しています。 他に、がん治療認定医機構がん治療認定医、国際メンターシップ協会アソシエートメンター、米国消化器病学会フェローなどの資格を有しています。
高度先進・特殊医療
薬剤耐性変異検査を用いたC型慢性肝炎のテーラーメイド医療
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に対する鉄制限食療法
酢酸散布やNarrow Band Imaging(NBI)を併用した拡大内視鏡によるポリープや癌の診断
食道・十二指腸・大腸早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
特徴的な検査・医療設備
超音波エラストグラフィー・フィブロスキャン
間接熱量計・体組成計・持続血糖測定システム
高性能電子内視鏡
超音波内視鏡・超音波細径プローブ
膵管プローブ
内視鏡レーザー照射装置
小腸内視鏡・カプセル内視鏡
主な診断と治療実績
C型慢性肝炎に対する最新の経口剤治療
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態診断と治療
肝癌に対するエコーまたはCTガイド下ラジオ波焼灼療法(RFA)
2017年度 肝癌に対するエコーまたはCTガイド下ラジオ波焼灼療法(RFA) 50症例
肝硬変患者に対する栄養療法、腹水濾過濃縮再静注法など
肝癌の集学的治療(肝動脈内持続抗癌剤注入療法、分子標的薬、骨や肺転移に対するRFAなど)
「肝炎相談支援センター」による患者相談、医療従事者に対する講習会の開催
栄養サポートチーム(NST)による消化器疾患に対する栄養療法
食道・胃・大腸早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
2017年度 食道・胃早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)施行件数 85件
2017年度 大腸早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)施行件数 23件
2017年度 大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)施行件数 232件
小腸内視鏡、カプセル内視鏡による小腸病変の診断
2017年度 小腸内視鏡施行件数 72件
難治性のクローン病・潰瘍性大腸炎に対する抗TNF-α抗体や白血球除去療法
胆、膵疾患に対する内視鏡的胆管膵管造影(ERCP)、胆管・膵管内エコー(IDUS)を用いた診断
内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)と内視鏡的胆管ドレナージ(EBD)
超音波内視鏡下での針生検(EUS-FNA)による組織診断
2017年度 内視鏡的胆管膵管造影(ERCP)施行件数 350件
2017年度 超音波内視鏡下での針生検(EUS-FNA)施行件数 120件
治験
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に対する新規アポトーシス阻害剤の有効性(第3相)
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に対する新規抗アルドステロン剤の有効性(第2相)
肝細胞癌に対する免疫チェックポイント阻害剤併用投与の有効性(第3相)
クローン病・潰瘍性大腸炎に対する新規薬剤の有効性(第3相)

三重大学臨床治験センター

	研究の概要
当教室では、消化器病学の夢のある臨床研究および基礎研究に精力的に取り組んでいます。

臨床研究等の実績

肝臓分野
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)及びアルコール性肝障害の病態解明と治療学
HCV及びHBV遺伝子変異とウイルス排除への応用
肝線維化抑制療法の開発
肝疾患の新規血中バイオマーカーの探索
消化管分野
拡大内視鏡を用いた消化管疾患の診断法の開発
炎症性腸疾患の腸内細菌叢と局所免疫異常
小腸疾患の病態解明
逆流性食道炎における食道粘膜微細構造変化
胆道・膵臓分野
超音波内視鏡下針生検材料を用いた膵疾患の予後予測と新規治療法の開発
血中・尿中新規膵癌バイオマーカーの探索
臓器相関
肝臓‐腸‐胆嚢‐膵臓の臓器間相関を示す消化器疾患(合併症を含む)における、臓器間連繋を担う新規病態情報伝達体の解明とその機能解析

研究留学

国内研究留学(実績)

国立がんセンター
愛知県がんセンター
順天堂大学
自治医科大学

海外研究留学(実績)

Harvard University
Massachusetts General Hospital
Pennsylvania University
National Institute of Health (NIH)
University of North Carolina at Chapel Hill
University of California at San Diego
Columbia University


我々と消化器領域に関する研究に打ち込んでみませんか。
大学院、入学要項は三重大学大学院ホームページをご参照ください。

 


スタッフ紹介診療案内診療実績光学医療診療部リンク集
臨床研修医募集学生の皆様へ大学院生募集診療と研究の紹介交通アクセスホーム
copy
line