三重大学大学院医学系研究科臨床医学講座 消化器内科学

shadow
学生の皆様へ

三重大学医学部附属病院消化器・肝臓内科では、医学部学生諸君の見学・実習を受け付けています。
三重大学はもとより、全国のあらゆる大学の学生を歓迎しています。

病棟・外来・内視鏡検査室・研究室等の見学が可能です。
スタッフや若手医師とともに経験談や進路相談等について気さくにお話させて頂きます。
皆様のご来訪をお待ちしています。

臨床

消化器疾患は、他のあらゆる分野の疾患と密接に関連しています。そこで、内科的総合診療能力の向上に努めることに常に留意しながら、研修医や学生の教育にあたっています。その上で、当科では、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓のあらゆる消化器関連疾患の診断、治療に力を入れています。日本人の癌の中で消化器関連の癌は一番多く、これら消化器癌の克服は最も重要な医療分野であると考えられます。
消化管分野では、最新の内視鏡を利用した新しい診断や治療に積極的に取り組んでいます。特に拡大内視鏡や特殊光を用いた内視鏡診断は、正確な診断を行う上で重要であり、新たな検査法や診断方法を積極的に用いています。食道胃大腸の早期癌に対して内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行っています。小腸内視鏡やカプセル内視鏡も導入していく予定です。胆膵領域では超音波内視鏡を中心とした診断を積極的に行い、超音波内視下穿刺生検の実績もあります。肝臓分野では、慢性肝疾患や肝腫瘍の診断や、治療に積極的に取り組んでいます。検査では、最新の超音波診断や肝生検の病理診断に力をいれています。特に、肝細胞癌の、ラジオ波焼灼療法や化学療法などを組み合わせた集学的治療に最も力をいれています。さらに、生体肝移植の管理や骨髄幹細胞を用いた肝再生医療などの先端的医療も推進しています。
救急分野では、胃潰瘍や食道静脈瘤などの吐血や下血などの消化管の疾患に迅速に対応しています。また、劇症肝炎などの内科重症疾患(敗血症、多臓器不全)に対してはICUにて高度の診療をおこなう体制にしています。
このように多種多彩な疾患に対応した柔軟かつ積極的な医療を実践しています。

基礎研究

臨床に直接フィードバックできる基礎研究にも力をいれています。学生の皆様にも直接研究のご紹介が可能です。研究内容詳細は大学院生募集をご参考にしてください。日本のみならず世界に通用する有数の消化器病研究機関として、新たな知見を蓄積し、情報発信していきたいと考えています。

実習の内容・時期・期間等についてはご希望に添うことができると思いますので、ご遠慮なくご連絡ください。

 


スタッフ紹介診療案内診療実績光学医療診療部リンク集
臨床研修医募集学生の皆様へ大学院生募集診療と研究の紹介交通アクセスホーム
copy
line