HOME > 研究のご案内 > 研究業績 > 2010年

研究のご案内

外来案内

受付時間

初診
8:30~12:00

再診
8:30~17:00(要予約)

休診日 消化管外科
火・木・土・日・祝
ほか,年末年始
小児外科
水・金・土・日・祝
ほか,年末年始

受診予約・お問い合わせ

診療案内係:059-232-1111(内線5206)

時間外:059-232-1111(5233)

住所

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174

研究業績

2010年

英文業績

Pub-Med

01

Takemitsu T, Wada H,Hatada T, Ohmori Y, Ishikura K, Takeda T, Sugiyama T, Yamada N, Maruyama K, Katayama N,Isaji S, Shimpo H, Kusunoki M, Nobori T. Prospective Evaluation of three different diagnostic criteria for disseminated intravascular coagulation. Thrombosis and Haemostasis. 2010;(17): 3037-42

02

Inoue Y, Tanaka K, Hiro J, Toiyama Y, Miki C, Kusunoki M. Multicentre phase II study of leucovorin plus pharmacokinetic modulating chemotherapy for metastatic colorectal cancer. Oncol Lett. 2010 Jan;1(1):81-85.

03

Miki C, Tanaka K, Toiyama Y, Inoue Y, Uchida K, Mohri Y, Kusunoki M. Comparison of the Prognostic Value of Inflammation –Based  Pathologic and Biochemical Criteria in Patients Undergoing Potentially Curative Resection for Colorectal Cancer. Ann Surg. 2010 Feb;251(2):389-90.

04

Mohri Y, Tanaka K, Ohi M, Yokoe T, Miki C, Kusunoki M. Prognostic significance of host- and tumor-related factors in patients with gastric cancer. World J Surg. 2010 Feb;34(2):285-90.

05

Nagata S, Shimizu T, Kudo T, Tomomasa T, Tajiri H, Yoden A, Kagimoto S, TaharaT, Ushijima K, Uchida K, Kobayashi A. Efficacy and safety of pulse steroidtherapy in Japanese pediatric patients with ulcerative colitis: a survey of the Japanese Society for Pediatric Inflammatory Bowel Disease.Digestion.2010;81(3):188-92.

06

Yokoe T, Toiyama Y, Okugawa Y, Tanaka K, Ohi M, Inoue Y, Mohri Y, Miki C, Kusunoki M. KAP1 is associated with peritoneal carcinomatosis in gastric cancer. Ann Surg Oncol. 2010 Mar;17(3):821-8.

07

Yasuda H, Inoue M, Uchida K, Otake K, Koike Y, Fujikawa H, Miki C, Kusunoki M. Wandering spleen causing intestinal obstruction after repair of congenital diaphragmatic hernia. Eur J Pediatr Surg. 2010 Mar;20(2):121-3.

08

Uchida K, Araki T, Inoue M, Otake K, Yoshiyama S, Koike Y, Matsushita K, Okita Y, Miki C, Kusunoki M. Poor catch-up growth after proctocolectomy in pediatric patients with ulcerative colitis receiving prolonged steroid therapy. Pediatr Surg Int. 2010 Apr;26(4):373-7.

09

Kobayashi M, Inoue Y, Mohri Y, Miki C, Kusunoki M. Implementing a standard protocol to decrease the incidence of surgical site infections in rectal cancer surgery. Surg Today. 2010 Apr;40(4):326-33.

10

Toiyama Y, Inoue Y, Saigusa S, Okugawa Y, Yokoe T, Tanaka K, Miki C, Kusunoki M. Gene expression profiles of epidermal growth factor receptor, vascular endothelial growth factor and hypoxia-inducible factor-1 with special reference to local responsiveness to neoadjuvant chemoradiotherapy and disease recurrence after rectal cancer surgery. Clin Oncol (R Coll Radiol). 2010 May;22(4):272-80.

11

Toiyama Y, Mizoguchi A, Okugawa Y, Koike Y, Morimoto Y, Araki T, Uchida K, Tanaka K, Nakashima H, Hibi M, Kimura K, Inoue Y, Miki C, Kusunoki M. Intravital imaging of DSS-induced cecal mucosal damage in GFP-transgenic mice using two-photon microscopy. J Gastroenterol. 2010 May;45(5):544-53.

12

Inoue Y, Kusunoki M. Resection of rectal cancer: a historical review. Surg Today. 2010 Jun;40(6):501-6.

13

Okamoto K, Wada H, Hatada T, Uchiyama T, Kawasugi K, Mayumi T, Gando S, Kushimoto S, Seki Y, Madoiwa S, Asakura H, Koga S, Iba T, Maruyama. Frequency and hemostatic abnormalities in pre-DIC patients. Thromb Res. 2010 Jul;126(1):74-8.

14

Ikeuchi H, Uchino M, Matsuoka H, Bando T, Matsumoto T, Tomita N,Syoji Y, Kusunoki M, Yamamura T, Utsunomiya J. Surgery for ulcerative colitis in 1,000 patients. Int J Colorectal Dis. 2010;(25): 959-65.

15

Sugiyama T, Kobayashi T, Nagao K, Hatada T, Wada H, Sagawa N. Group A streptococcal toxic shock syndrome with extremely aggressive course in the third trimester. J Obstet Gynaecol Res. 2010 Aug;36(4):852-5.

16

Inoue M, Uchida K, Otake K, Koike Y, Miki C, Kusunoki M. Congenital segmental dilatation of the duodenum: report of a case. Pediatr Int. 2010 Aug;52(4):e184-6.

17

Saigusa S, Tanaka K, Toiyama Y, Yokoe T, Okugawa Y, Kawamoto A, Yasuda H, Morimoto Y, Fujikawa H, Inoue Y, Miki C, Kusunoki M. Immunohistochemical features of CD133 expression: association with resistance to chemoradiotherapy in rectal cancer. Oncol Rep. 2010 Aug;24(2):345-50.

18

Saigusa S, Toiyama Y, Tanaka K, Yokoe T, Okugawa Y, Kawamoto A, Yasuda H, Inoue Y, Miki C, Kusunoki M. Stromal CXCR4 and CXCL12 expression is associated with distant recurrence and poor prognosis in rectal cancer after chemoradiotherapy. Ann Surg Oncol. 2010 Aug;17(8):2051-8.

19

Wada H, Hatada T, Okamoto K, Uchiyama T, Kawasugi K, Mayumi T, Gando S, Kushimoto S, Seki Y, Madoiwa S, Okamura T, Toh CH. Modified non-overt DIC diagnostic criteria predict the early phase of overt-DIC. Am J Hematol. 2010 Sep;85(9):691-4.

20

Okugawa Y, Miki C, Toiyama Y, Yasuda H, Yokoe T, Saigusa S, Hiro J, Tanaka K, Inoue Y, Kusunoki M. Loss of tumoral expression of soluble IL-6 receptor is associated with disease progression in colorectal cancer. Br J Cancer. 2010 Sep 7;103(6):787-95.

21

Hiro J, Inoue Y, Toiyama Y, Yoshiyama S, Tanaka K, Mohri Y, Miki C, Kusunoki M. Possibility of paclitaxel as an alternative radiosensitizer to 5-fluorouracil for colon cancer. Oncol Rep. 2010 Oct;24(4):1029-34.

22

Inoue Y, Yokobori T, Yokoe T, Toiyama Y, Miki C, Mimori K, Mori M, Kusunoki M. Clinical significance of human kallikrein7 gene expression in colorectal cancer. Ann Surg Oncol. 2010 Nov;17(11):3037-42.

23

Okugawa Y, Toiyama Y, Inoue Y, Saigusa S, Kobayashi M, Tanaka K, Mohri Y, Miki C, Kusunoki M. Late-onset peritoneal recurrence of advanced gastric cancer 20 years after primary resection. World J Surg Oncol. 2010 Nov 24;8:104.

24

Toiyama Y, Miki C, Inoue Y, Minobe S, Urano H, Kusunoki M. Loss of tissue expression of interleukin-10 promotes the disease progression of colorectal carcinoma. Surg Today. 2010;40(1):46-53.

Non-Pub-Med

01

Okugawa Y,Miki C, Toiyama Y,Koike Y, Yokoe T, Saigusa S, Tanaka K,Inoue Y, Kusunoki M. Soluble VCAM-1 and its relation to disease progression in colorectal carcinoma. Exp Ther Med 2010; (1):463-69

和文業績

著書

01

楠 正人:総論 12 外科的感染症.加藤 治文(監),畠山勝義,北野正剛,若林 剛(編),標準外科学,医学書院,東京,3:137-145,2010

02

楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要 1 手術部位感染(SSI)とは?菊池臣一・楠 正人(編),整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,2-5,2010

03

毛利靖彦,楠 正人:Ⅱ章 6.感染症.渡邊昌彦,國土典宏,土岐祐一郎(監),消化器外科学レビュー2010 最新主要文献と解説,総合医学社,東京,210-214,2010

04

毛利靖彦,楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要6 予防的抗菌薬.菊池臣一・楠 正人(編),整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,24-27,2010

05

毛利靖彦,楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要7 ドレーン・縫合糸. 菊池臣一・楠 正人(編), 整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,28-32,2010

06

毛利靖彦,小林美奈子,大北喜基,楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要 Q&A. 菊池臣一・楠  正人(編),整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,42-44,2010

07

前田多見,地崎真寿美,鈴木志保子,佐々木知香,成田有吾,内田恵一: 病院の通訳の現状と医療通訳者インタビューから見えてきたもの.三重大学医学部附属病院,三重,69(7):543-545,2010

08

井上靖浩,楠 正人Ⅲ.大腸癌治療ガイドラインのエビデンスと解説 2.StageⅣ再発大腸癌の治 療方針 2)再発大腸癌の治療方針(総論) 6)直腸癌局所再発に対する外科治療.杉原健一(編),ガイドラインサポートハンドブック 大腸癌 大腸癌治療ガイドライン2009年版,医薬ジャーナル社,大阪,86-89,106-109,2010

09

井上靖浩,楠 正人:III 化学療法(化学放射線療法)1.癌 ②術前化学(放射線)療法,大腸癌肝 転移に対する術前化学療法,直腸癌に対する術前化学放射線療法.斎藤裕輔,渡邉聡明, 田中信治(編),大腸疾患診療のStrategy,日本メディカルセンター,東京,351-355,2010

10

荒木俊光,楠 正人:4章.人工肛門(ストーマ)のケア.幕内雅敏,菅野健太郎,工藤正俊(編),今日の消化器疾患の治療方針,医学書院,東京,231-232,2010

11

荒木俊光,楠 正人:第4章炎症性腸疾患の内科的治療 3)潰瘍性大腸炎・クローン病の治療(各論)⑨肛門病変のコントロール. 日比紀文・久松理一(編),消化器Book02 炎症性腸疾患を日常診療で診る―IBDとは?その診断と患者にあわせた治療,羊土社,東京,136-138,2010

12

大井正貴,楠 正人:Ⅰ.救急外来当直医必携 2.症状別の初療と診断のすすめ方 23.下腹部腫瘤消化器外科.外科当直医必携,消化器外科4 臨時増刊号,へるす出版,東京,33682-33684,2010

13

大井正貴:鼠径ヘルニア,大腿ヘルニア,腹壁ヘルニア,横隔膜ヘルニア. 山口 徹(編) ,今日の治療指針 2010年版―私はこうして治療している,医学書院,東京,32(5):414-415,2010

14

小林美奈子,楠 正人:各論 エビデンスと経験に基づく実際の手技・マニュアル 3.消化器外科. 炭山嘉伸,有馬陽一(編),感染症・合併症ゼロをめざす創閉鎖,羊土社,東京,4:175-185,2010

15

小林美奈子,楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要 4 手術時の手洗い・手袋・ドレープ・ガウン.菊池臣一・楠 正人(編),整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,16-20,2010

16

小林美奈子,楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要 5 手術室の管理・空調.菊池臣一・楠 正人(編),整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,21-23,2010

17

小林美奈子,楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要 9 SSIサーベイランス.菊池臣一・楠 正人(編),整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,37-41,2010

18

小林美奈子,楠 正人:【特集 術前・術後管理必携】Ⅴ.術後合併症とその管理 7.その他創感染.消化器外科 臨時増刊,へるす出版,東京,35(5):919-921,2010

19

井上幹大,内田恵一:6.病因による便秘の特徴 Hirschsprung病.清水俊明,五十嵐 隆(編),下痢・便秘 小児科臨床ピクシス18,中山書店,東京,176-181,2010

20

問山裕二,楠 正人:第1部 10 結腸切除術.楠 正人(編),患者説明にフル活用できるシート満載!消化器ナースのための外科・内視鏡 治療と検査,消化器外科NURSING 2010秋季増刊,メディカ出版,東京,191:52-56,2010

21

問山裕二,楠 正人:第1部 11 直腸低位前方切除術.楠 正人(編),患者説明にフル活用できるシート満載!消化器ナースのための外科・内視鏡 治療と検査,消化器外科NURSING 2010秋季増刊,メディカ出版,東京,191:57-61,2010

22

問山裕二,楠 正人:第1部 12 直腸切除術.楠 正人(編),患者説明にフル活用できるシート満載!消化器ナースのための外科・内視鏡 治療と検査,消化器外科NURSING 2010秋季増刊,メディカ出版,東京,191,62-66,2010

23

問山裕二,楠 正人:第1部 13 人工肛門(ストーマ)造設術.楠 正人(編),患者説明にフル活用できるシート満載!消化器ナースのための外科・内視鏡 治療と検査,消化器外科NURSING 2010秋季増刊,メディカ出版,東京,191:67-71,2010

24

廣 純一郎,楠 正人:第1部 14 下部消化管のEMR〈内視鏡的粘膜切除術〉.楠 正人(編),患 者説明にフル活用できるシート満載!消化器ナースのための外科・内視鏡 治療と検査, 消化器外科NURSING 2010秋季増刊,メディカ出版,東京,191:72-75,2010

25

廣 純一郎,楠 正人:第1部 15 下部消化管のESD〈内視鏡的粘膜下層剥離術〉.楠 正人(編),患者説明にフル活用できるシート満載!消化器ナースのための外科・内視鏡 治療と検査 消化器外科NURSING 2010秋季増刊,メディカ出版,東京,191:76-79,2010

26

廣 純一郎,大井正貴,楠 正人:第1部 19 腹腔鏡下下部消化管手術.楠 正人(編),患者説明にフル活用できるシート満載!消化器ナースのための外科・内視鏡 治療と検査,消化器外科NURSING 2010秋季増刊 ,メディカ出版,東京,191:90-93,2010

27

大北喜基,楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要2 術前のSSI対策 1. 菊池臣一・楠 正人(編),整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,6-11,2010

28

大北喜基,楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要 3 術前のSSI対策 2. 菊池臣一・楠 正人(編),整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,12-15,2010

29

大北喜基,楠 正人:Ⅰ 周術期感染対策の概要8 創傷治癒. 菊池臣一・楠 正人(編),整形外科SSI対策―周術期感染管理の実際,医学書院,東京,33-36,2010

総説

30

田中光司,問山裕二,溝口 明,楠 正人:二光子レーザー顕微鏡を用いたGFPマウスにおける DSS誘発性大腸粘膜障害のリアルタイムイメージング.三重大学社会連携研究センター 研究報告書,18:45-50,2010

31

荒木俊光,吉山繁幸,大北喜基,内田恵一,三木誓雄,楠 正人:【特集:内科医にわかってほし いクローン病の外科治療】Ⅳ.外科医からみたクローン病の外科治療の適応.INTESTINE,14(5): 463-467,2010

32

荒木俊光,吉山繁幸,大北喜基,内田恵一,三木誓雄,楠 正人:【炎症性腸疾患の病態に基づ いた治療法の開発】クローン病術後治療による再手術抑制効果の検討.消化器内科,51(4):379-385,2010

33

荒木俊光, 内田恵一,三木誓雄,楠 正人:【必読 セカンドオピニオン】 消化管 腸管固定異常 (腸回転異常) ,外科,72(12):1312-1316,2010

34

小林美奈子,竹末芳生,北川雄光,草地信也,大村健二,小野 聡,森兼啓太,久保正二,清水潤三,松田直之,三鴨廣繁,岡本好司,末吉 晋,尾原秀明,楠 正人,炭山嘉伸:解説Ⅱ.日本における周術期管理の現状―全国アンケート調査結果.アステラス製薬「感染症」,40(2): 18-23,2010

35

安田裕美,井上靖浩,三木誓雄,楠 正人:特集 消化器外科ナースのためのさくさくわかる疾患別ケアQ&A①消化管編 8 直腸がん.消化器外科NURSING,15(9):52-57,2010

原著

36

三木誓雄,楠 正人:【特集:消化器外科における栄養管理の現状と展望】5.各種病態における術前・術後栄養管理C)下部消化管疾患.日本外科学会雑誌,111(6): 368-372,2010

37

毛利靖彦,小林美奈子,大北喜基,楠 正人:【手術部位感染の基本 第10回】 Q&A.臨床整形外科,45(1): 76-78,2010

38

内田恵一,井上幹大,大竹耕平,松下航平,橋本 清,荒木俊光,田中光司,三木誓雄,楠 正人,小池勇樹,中澤 誠,塚本能英:【特集:シンバイオティクス,プロバイオティクスの臨床効果】短腸症候群に対するシンバイオティクス両方の検討.静脈経腸栄養,25(4): 33-36,2010

39

内田恵一,荒木俊光,井上幹大,大竹耕平,吉山繁幸,大北喜基,小池勇樹,松下航平,三木誓雄,楠 正人:シンポジウム2 炎症性腸疾患(IBD):治療の進歩とQOL:「小児潰瘍性大腸炎の外科治療:治療の進歩とQOL」.日本小児消化器肝臓学会雑誌第36回総会記念誌,23(2): 107-111,2010

40

内田恵一,井上幹大,大竹耕平,小池勇樹,松下航平,橋本 清,井出正造,中澤 誠,塚本能英,楠 正人:【特集 高位鎖肛:基礎から臨床の最前線まで】鎖肛に合併する脊髄係留と解除手術の有用性.小児外科,42(11): 1141-1144,2010

41

鈴木志保子,地崎真寿美,井澤貴代美,前田多美,佐々木知香,平松紘子,内田恵一:本院における小児在宅支援の現状と課題.三重医学,53(1-4):1-5, 2010

42

井上靖浩,沖上正人,川本 文,廣 純一郎,問山裕二,小林美奈子,田中光司,三木誓雄,楠 正人:【特集 下部直腸がん手術:術前化学放射線療法と肛門機能】 下部直腸癌に対する術前化学放射線療法と経肛門腹式直腸切除術 癌の臨床,56(8):585-589,2010

43

田中光司,井上靖浩,問山裕二,三木誓雄,楠 正人:【特集:進行癌の治療戦略】6.進行直腸癌の治療戦略.外科,72(7): 714-718,2010

44

大井正貴,楠 正人:【消化器外科  外科当直医必携】Ⅰ.救急外来当直医必携 2.症状別の初療と診断のすすめ方 23.下腹部腫瘤.消化器外科(臨時増刊号),33(5): 682-684,2010

45

小林美奈子,毛利靖彦,楠 正人:シンポジウム 整形外科領域における抗菌薬の使い方―抗菌薬適正使用.臨床整形外科,45(6): 491-493,2010

46

小林美奈子,毛利靖彦,大北喜基,楠 正人:【特集 腹部手術後の合併症とその対策】創感染.外科治療,102(5): 766-770,2010

47

問山裕二,井上靖浩,田中光司,三木誓雄,楠 正人:新研究プロジェクト報告書 直腸癌における癌幹細胞の化学・放射線療法耐性及び遠隔転移への関与に関する研究.三重医学,53(1-4): 44-45,2010

48

廣 純一郎,楠 正人:【特集 外科医のための大腸癌の診断と治療 5.大腸癌の外科治療 開腹手術】回盲部・結腸右半切除術.臨床外科,65(11): 228-234,2010

その他

49

小林美奈子:【特集 手術室の感染対策の使える確認チェックシート&実践・重要ポイント35】  5.手術時手洗い用水道水の管理.オペナーシング,25(12):44-46,2010