HOME > 入局希望の皆様へ

診療案内

外来案内

受付時間

初診
8:30~12:00

再診
8:30~17:00(要予約)

休診日 消化管外科
火・木・土・日・祝
ほか,年末年始
小児外科
水・金・土・日・祝
ほか,年末年始

受診予約・お問い合わせ

診療案内係:059-232-1111(内線5206)

時間外:059-232-1111(5233)

住所

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174

入局希望の皆様へ

留学体験記

Institute of Child Health & Great Ormond Street Hospital for Children, University College London, London, UK

大竹 耕平

2011年4月より,イギリス,ロンドンにあるUniversity College Londonの子供病院であるGreat Ormond Street Hospital for Children (GOSH)とその研究施設であるInstitute of Child Health (ICH)の小児外科部門に留学をしました.
私が留学している間,最もお世話になったのは,当時小児外科部門の教授であったProfessor Agostino Pierro(現 Professor and Division Head, Division of General and Thoracic Surgery, Hospital for Sick Children, Toronto, Canada)でした.臨床,研究といろいろな面で,ご支援いただき,本当に感謝しております.何度かご自宅にもご招待いただき,奥様のDominiqueさんのおいしい手料理をごちそうになりました.

手術室前の日本庭園

GOSHは1852につくられた英語圏で初の子供病院であり,Peter Panの著者であるJames Matthew Barrieがその著作権を授与したことで有名です.病院は手術室(theatre)が3か所に分かれて存在し,main theatreの前には,日本の財閥からの寄付による日本庭園がありました.ICHはヨーロッパ最大の小児医療研究施設であり,各国から集まった本当に多くの研究者たちが日々小児疾患に関して研究をしているというとても刺激的な場所でした.

手術室前の日本庭園
また,BBC(イギリスの国営放送局)ではGreat Ormond Streetというテレビシリーズがあり,セカンドシーズンの撮影中で,meetingやroundにテレビクルーが同行していたりしました.私もなぜか少しだけ出演し,Laboのメンバーや知らない人にまで「テレビ見たよ」と話しかけられました.

Fellow’s room

臨床では,毎朝のNICU回診,週一回のGeneral surgery unit meeting,Prof. Pierro’s round,Oncology meeting,手術見学,private hospitalでProf. Pierroの第一助手など様々な経験をさせていただきました.新生児の手術,悪性腫瘍の手術や腹腔鏡手術など世界のトップクラスの5人のconsultant(上級外科医)の手術を目の当たりにすることができ,大変勉強になりました.また,見学を通して,他科の医師,手術部門や病理部門の人とのつながりができ,研究面でもそのつながりは生かされたと思います.

ロンドンの我が家
(おそらく築50-100年くらい)

研究に関しては,Biochemistry部門のDr Kevin Millsの指導のもと,Dr Wendy Heywoodに教わりながら,Proteomics(Mass spectrometryを用いたタンパク質の網羅的解析)を行いました.神経芽腫のホルマリン固定標本を用い,神経芽腫の分化と予後についてのバイオマーカーの検討を行いました.こちらに関しては,癌部門の協力もあり,細胞株を用いた実験も含めて行うことができ,Romeで開かれたBAPS/EUPSA joint meeting 2012でoral presentationをさせていただくことができました.現在も,引き続き,日本でProteomicsを用いた研究をしています.

生活面では,妻と二人でロンドンという大都会に住むことができ,生活費や家賃は高かったですが,いろいろな経験ができたと思います.休暇中にはヨーロッパの各地を回り,それまで,テレビでしか見たことのないようなものに直接触れることができました.また,日本ではとても知り合えないような多くの人たちとも交流ができ,それらは一生の宝と言えると思います.

有名すぎて絵葉書のような風景たち