HOME > 入局希望の皆様へ > 専門医制度とは?

診療案内

外来案内

受付時間

初診
8:30~12:00

再診
8:30~17:00(要予約)

休診日 消化管外科
火・木・土・日・祝
ほか,年末年始
小児外科
水・金・土・日・祝
ほか,年末年始

受診予約・お問い合わせ

診療案内係:059-232-1111(内線5206)

時間外:059-232-1111(5233)

住所

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174

専門医制度とは?

専門医における医学教育,医師の臨床教育に関するカリキュラムは,各主要関連学会を中心とした日本専門医制度評価認定機構:専認構により,「5年間以上の専門研修を受け,資格審査ならびに専門医試験に合格して,学会等によって認定された医師」を専門医と定義し,専門医制度の認定基準の統一化の作業が図られています.その大きな目的は,学会相互間の協力と連携・交流を図り,社会に信頼される専門医制度の確立,専門医の育成,認定およびその生涯教育などを行うことを通じて,医療の質の向上をめざすことを目的に様々な検討が行われています.医師免許取得後,初期臨床研修,基本診療領域としての専門医,さらにサブスペシャリテイーとしての専門医と専門医の階層化,質の担保を含めた,専門医制度の基本基準についても急速に改革が進められています.現在,日本では多くの専門医は各学会が認定していますが,海外では,国家または,学会からは独立した中立的第三者機関による専門医認定制度が普及しています.日本においても,専認構,厚生労働省「専門医の在り方に関する検討会」,各学会が中心となって,中立的第三者機構による修練プログラム,施設評価・認定基準,専門医認定基準について,数年後の実現に向けて作業が進められています.日々変化する医療制度に合わせて当科もカリキュラムの見直しを行い,専門医育成に向けた取り組みを行っていきます.消化器外科として取得可能な主な専門医,は下記のものがあり,私たちの施設は全ての専門医取得修練施設として認定されています。

日本外科学会 外科専門医

医の倫理を体得し,医療を適正に実践すべく一定の修練を経て,診断,手術および術前後の管理・処置・ケアなど,一般外科医療に関する標準的な知識と技量を修得した医師を輩出することを目的に制定されています.具体的には350例以上の手術手技を経験し,試験を経て認定されます.この専門医は消化器外科,心臓血管外科,呼吸器外科および小児外科などの関連外科(サブスペシャルティ)専門医を取得する際に必要な基盤となる共通の資格となります。
医師免許を取得し,日本外科学会の指定した外科専門医制度修練施設において,卒後初期臨床研修期間を含んで通算 5 年以上の修練期間が必要です。

外科専門医修練カリキュラム

消化器外科学会 消化器外科専門医

医師免許を取得し,2年間の初期臨床研修終了後,日本消化器外科学会が定めるカリキュラムに従い,5年以上の消化器疾患・消化器外科の診療や手術の経験と学術経験を積んだ上で受験資格が得られます.消化器外科専門医の受験には,外科専門医の取得が必須となります。
消化器外科専門医取得率は消化器外科学会会員の約2割となっています。
日本消化器外科学会 - 消化器外科専門医ってなに?

大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医

大腸肛門病学における研究,教育及び診療の向上を図るとともに,これを介して国民の健康と福祉に寄与することを目的に制定されています。
資格取得には,医師免許取得後,大腸肛門病学会認定施設において学会が定める修練カリキュラムに沿って6年以上の修連期間と試験が必要となります.

日本大腸肛門病学会

日本小児外科学会 小児外科専門医

日本の小児が高い水準の医学の恩恵を受けることができるために,施設と教育の充実を計り,小児の外科に関する優れた学識と技能を備えた臨床医を社会におくることを目的に制定されています.資格取得には,外科学会専門医取得が必須であり,日本小児外科学会認定施設において学会が定める修練カリキュラムに沿った,3年以上の小児外科の修練期間と学術経験と試験が必要です。

日本小児外科学会

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日常的がん治療水準の向上を目指し,その共通基盤となる臨床腫瘍学の知識,基本的技術に習熟し,医療倫理に基づいたがん治療を実践する優れた医師の養成と認定を行い,本邦におけるがん診療の発展と進歩を促し,国民の福祉に貢献し,これらに携わる医師等の研究の向上を図ることにより,がん診療に関する学術及び技術の振興並びに公衆衛生の向上に寄与することを目的に制定されています。
資格取得には,外科医であれば外科専門医取得は必須となり,がん診療の診療実績と業績,セミナー受講,試験が必要となります。

日本がん治療認定医機構