1. 大学院TOP
  2. 教育内容
  3. がんプロフェッショナル養成プラン

がんプロフェッショナル養成プラン

「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」は、文部科学省が大学院課程において質の高いがん専門医等を養成し得る優れたプログラムに対して財政支援を行うもので、平成24年度から新規に設けられました。今回、京都大学と三重大学、滋賀医科大学、大阪医科大学、京都薬科大学が共同で申請したプログラムである「次代を担うがん研究者・医療人養成プラン」が採択されました。
同プログラムは、各大学が蓄積するがん研究の基盤をさらに発展させながら、特に集学的医療を担うがんセンター等における教育基盤を強化・整備し、がんのチーム医療を理解し、実践できるがん専門職育成を目指す教育プログラムです。例えば、がん専門医師養成コース、がん専門看護師コース、がん専門薬剤師コースなどがあります。

がん看護専門看護師養成コース(修士)の紹介ページ
http://nurse.medic.mie-u.ac.jp/ganpro/ 別ウインドウで表示


文科省がんプロフェッショナル基盤推進プラン
(京都大学・三重大学・滋賀医科大学・大阪医科大学・京都薬科大学)
三重大学大学院医学系研究科看護学専攻がん看護学公開授業
地域包括ケアの時代に ~看護の専門性と展望~(講演会・セミナーサイトへ)