関連病院・外科専門研修

<スタッフ> 

三重大学肝胆膵・移植外科(旧第一外外科)関連病院

<外科研修病院>

 大学病院で扱っている疾患は,肝臓(肝移植),胆道,膵臓の外科疾患と専門的なものになっていますが,当科の関連病院では,食道,胃,大腸疾患などの一般消化器外科のみならず,乳腺外科,甲状腺外科,外科救急疾患など,幅広い外科疾患を扱っています.

 

 

 三重県は南北に細長い県ですが,一般に5つの地域(北勢,中勢,南勢,伊賀,東紀州)に分けられます(上図).第一外科の関連病院は全ての地域にあり,22病院からなります.

  

  2018年4月現在の関連病院の医師配置表は下記のようになっています.



第一外科関連病院の手術症例数(2016.1~2016.12)を下表に示します.


外科専門医研修について


三重外科専門研修に関する問い合わせ

    水野修吾(実務担当):mizunos@clin.medic.mie-u.ac.jp

    伊佐地秀司(責任者):isaji-s@clin.medic.mie-u.ac.jp 

 肝胆膵・移植外科では,2009年度より三重県下13の初期研修指定病院外科と緊密に協力して,三重外科研修制度を作成し,外科専門研修医(後期研修医)が卒後6年目で確実に外科専門医を取得でき,さらに消化器外科専門医(外科専門医取得後2年)や肝胆膵外科高度技能医(消化器外科専門医取得後,直近の7年以内に3年以上修練期間に高難度肝胆膵外科手術50例以上術者して施行)の資格,あるいは大学院での博士号の取得ができるように,堅実で手厚い指導体制を構築してい来ました.

 2018年度(平成30年度)から、日本専門医機構が主導する19基本診療科の新専門医制度が開始されます。これまでは各学会が専門医を認定してきました。即ち、自分で自分たちを認定してきたわけです。客観的な認定制度を作るため、学会とは別に、日本専門医機構が出来たわけです。

 三重県では、三重県地域医療支援センターの支援を受けて、三重大学医学部附属病院の6つの外科専門診療科(肝胆膵・移植外科、消化管外科、小児外科、心臓・血管外科、呼吸器外科、乳腺外科)が共同して県内1つのプログラム「三重大学医学部附属病院外科専門研修プログラム」を作成しました。これは三重大学が基幹病院となり、これに24の連携病院を含めた研修プログラムで、魅力あるプログラムの作成を行っています。

   2018年4月からの外科専門研修プログラムは→こちら

プログラムの概略です。


スクリーンショット 2018-01-12 16.54.31


 



実際のプログラムは全て研修医個々のオーダーメイドで作成されます。上記の2つ以外に将来のサブスペシャリティーを考慮したプログラムを容易しています。

なお,外科研修病院の情報と紹介は,外科研修病院を参照して下さい.

三重大学医学部附属病院における新専門医制度に向けた取り組みと三重外科専門研修制度についての説明スライドです。なお、本プログラムは三重県地域医療支援センターの支援を受けて作成しています。→三重県地域医療支援センター

日本専門医機構による新専門医制度の基本理念と組織→日本専門医機構


 

 ©Shuji Isaji 2017