藤井英太郎

藤井英太郎 Eitaro Fujii

循環器・腎臓内科学 准教授  /  循環器内科科長

伊賀市(前大山田村)出身、大山田中学、上野高等学校、三重大学医学部卒業。

医学部6年生時の臨床実習で済生会松阪総合病院の救急実習に行った際、2年先輩の第一内科の先生がバリバリと救急患者の対応や病棟患者に対する処置を行っていた姿に憧れ、第一内科に入局。関連病院(松阪市民病院)で巡り会った指導医の影響を受け、循環器内科を志すことに。不整脈専門施設であったこともあり、学会や研究会でほぼ毎月のように発表をしているうちに、心臓電気生理学、カテーテルアブレーション治療にのめり込んでいった。

2005年から三重大学に移動となり、第一内科の先生方とともに不整脈部門を立ち上げ、現在に至っている。
頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療を中心に診療にあたり、心房細動の病因・機序の解明と根治療法の確立を研究テーマとしている。三重県には不整脈専門医が不足しているため、人材の育成に努めている。

赤ワインと日本酒をこよなく愛す。