藤岡正紀

藤岡 正紀 Masaki Fujioka

集中治療部 副部長 / 講師

大阪府出身三国丘高校卒業後、愛媛大学医学部入学。同大学卒業後に循環器内科を志し、三重大学医学部第一内科に入局。第一内科入局の動機は、当時西日本一帯で厳格な指導をされているとのうわさを聞きつけ一念発起し入局しました。

三重県に来てからは、多施設で勤務しました。三重大学医学部附属病院、済生会松阪総合病院(外科研修)、伊賀市立上野総合病院、NTT東海健康管理センタ、桑名東医療センター(旧山本総合病院)、茅ヶ崎徳洲会病院、遠山病院、永井病院、名張市立病院を経て、現在三重大学医学部附属病院集中治療部に勤務しております。これらの勤務経験のため循環器医としては少々変わった経歴を持っており、例えば胃内視鏡施行症例は優に1000を超えております。また、ベイラー大学にも短期留学をさせて頂き、多くの経験を積ませて頂きました。

特筆すべきは、3年間の研究時代は現第一内科教授、伊藤正明先生に御師事頂きとても自分の能力では到達できないような場に御一緒させて頂き、後の自分の医学に対する骨格を形成することができました。
現在、集中治療部で救急救命センターの仕事に従事し、若き医師、研修医と共に日々三重県の救急医療の充実の一助となるように奮闘しています。

学生時代は陸上部とサイクリング部に所属し、現在の趣味は旅行です。渡航した外国は27か国に及びます。