平本 拓也

平本 拓也 Takuya Hiramoto

救命救急センター 助教

私は山田赤十字病院で初期研修を行った後、三重大学で腎臓内科医として後期研修を続けています。

大学病院にはcommon diseaseだけでは無く、多種多様な疾患を持った患者さんが紹介されて来ます。また一人主治医とならずに、複数の先生方が同時に診療に当たる事によって、より適切な医療が実践できるよう努めています。

即戦力を求めるのではなく、一人前の内科医となるためには5年10年と掛かるものと覚悟し、腰を据えて研修を行いたいと考えている方には、三重大学の研修プログラムに参加して頂き、ともに三重県の医療を支えて行きたいと考えています。

なお、新しい研修プログラムでは多施設・多科に跨った研修が可能となっています。即戦力や総合医療など、テーマのある研修を希望される方にも適しています。それぞれが理想の医師像に近づける様、一緒に頑張っていきましょう。