熊谷直人

熊谷 直人 Naoto Kumagai

循環器内科地域連携学 講師

愛知県瀬戸市出身。
私立東海高校‘94年卒、三重大学医学部’01年卒。

学生時代は、軽音楽部に所属しビッグバンドジャズでトランペットを吹いていました。
ポリクリ実習中、カテーテル検査で血管が一瞬にして描出されることにそそられ、カテーテルのできる放射線科、脳神経外科、循環器内科と入局を迷っていました。そして6年時の臨床実習において、第一内科の諸先生方の夜中まで続く熱心な指導に感化され、「ここに入ればなんとか一人前にして頂けるんだろうな」と思い第一内科へ入局しました。
入局後は、大学病院、市立伊勢総合病院、茅ヶ崎徳洲会総合病院にて循環器内科を中心に内科一般研修を行い、循環器専門医を取得しました。その後、三重県立総合医療センター救命救急センターにて救急医療にも携わり救急専門医も取得しました。

臨床を行っている間に、うっ血性心不全患者に陽圧呼吸療法を行うと、ごく短時間で循環動態が安定することを目の当たりにし、この分野の臨床研究に関わりたいと思い、2009年に大学院へ入学しました。現在は心不全グループにおいて呼吸が心不全に与える影響に関して、心不全と睡眠時無呼吸症候群、陽圧呼吸療法についての臨床研究に従事しております。また他に高血圧管理についての臨床研究も行っております。
趣味はゴルフで、仕事終わりに夜な夜なクラブを振ってストレス発散しております。なかなかラウンドに行かないのでスコアは停滞したままです。