山本 憲彦

山本 憲彦 Norihiko Yamamoto

臨床研修キャリア支援センター 講師

三重県員弁に生まれ、桑名高校入学。

その後自治医科大学へ入学。6年間の全寮生活を終え医師として第一歩を踏み出しました。
その後、三重県内各地の僻地といわれる地域をローテートし、人生の中で得難い経験をさせていただきました。この中で、医師患者関係がどうあるべきかなど、今の自分の根幹をなす部分が形成されたように思われます。その後消化器内科を志し、幸い上司や同僚に非常に恵まれ、日々充実した日々を送っています。今は、病院に来るのが楽しみでしょうがない状態です。(ちょっと言い過ぎかもしれませんが。。。。。) 肝臓病(特に肝細胞癌の治療)に力を注ぎ、少しでも患者がその人らしい、いい人生を送ることができるよう日々努力しております。

趣味は、一つ目は、スポーツ観戦。野球、格闘技、陸上競技など多岐にわたります。特にマラソン中継や、ニューイヤー駅伝、箱根駅伝などは最初から最後までテレビの前で見ることが多く、妻や娘から「夜のスポーツニュースで結果だけみたらいいのに。。」とあきれられています。格闘技中継(特にプロレス中継)は現在なかなかないので今は、仕事をしながらYou tubeなどで昭和のオーソドックスなプロレスを楽しんでおります。
趣味の二つ目は、ランニング。3年前には、フルマラソンを2時間58分で走りましたが、今は、練習不足でだめです。でも「夢をもう一度、おっさんでもできる!!」と言い聞かせながら、合間をみて走っています。夢は家族でホノルルマラソンを走ることです。