教室紹介

教授挨拶

教授 冨本 秀和 皆さんは神経内科に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。
 医療関係者から精神神経科と混同されることは流石になくなりましたが、どのような疾患を診る診療科であるか?といった疑問は残っているようです。神経内科にはパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症などの神経変性疾患、多発性硬化症やギラン・バレー症候群などの免疫性神経疾患があります。これら神経難病の診療は神経内科医に限られており、その研究・教育面でもきわめて重要な役割を果たしています。
 一方、脳卒中、認知症、てんかん、頭痛など、皆さんが日常生活でしばしば耳にする、いわゆる”Common disease”はどうでしょうか。これらの疾患は、世界的には神経内科が扱う最も重要な分野として位置づけられています。わが国の人口構成の超高齢化に伴って、認知症患者数は急速に増加し、すでに400万人を超えています。
脳卒中についても、急性期死亡は減少したものの、疾患の慢性化による有病者数は急増しています。これらの社会的背景から、神経疾患の診療・研究に通暁し、神経疾患に悩む患者さんを内科的観点から総合的に診療できる神経内科医への期待は増すばかりです。
 三重大学神経内科は、common diseaseに積極的に対応しています。県下においては脳神経疾患の診療の文字通り最後の砦として機能しており、脳卒中・認知症の診療・研究に関しては認知症医療学講座、脳循環研究推進プロジェクト研究室との緊密な協力のもと、全国的にもトップレベルの施設となっています。
 医師は患者さんを選択できないため、あらゆる分野の神経疾患に初期対応できる能力が求められます。したがって、教育面では神経難病、common diseaseのいずれであっても対応できる能力をもった医師の育成を目指しています。その達成のため、三重県下11の基幹病院に常勤医を派遣し、これら関連病院との密接な連携と相互支援体制のもと、地域医療への貢献と次世代を担う若手医師の教育に努めています。
 疾患分野を問わず一例一例を大事にし、患者さんから学び患者さんの人生をトータルに診ることのできる神経内科医を育成することが私どもの究極の願いです。皆様のご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

教授 冨本 秀和

略歴

1981年 京都大学医学部卒業
1988年 京都大学大学院医学系研究科 終了(医学博士)
1987年 米国メイヨー・クリニック留学
2000年 京都大学大学院医学研究科・臨床神経学・助手
2007年 京都大学大学院医学研究科・臨床神経学・講師
2008年 三重大学大学院医学研究科・神経病態内科学・教授
2010年 三重大学大学院医学研究科・認知症医療学講座・教授(兼任)
現在に至る

専門分野

臨床神経学 脳卒中学 認知症 神経病理学

所属学会

日本神経学会(理事)

日本脳卒中学会(理事)

日本認知症学会(理事) 日本神経治療学会(理事)
日本脳循環代謝学会(理事) 日本内科学会(評議員)
日本老年医学会(代議員) 日本脳ドック学会(評議員)
日本神経病理学会(評議員)  
American Academy of Neurology American Heart Association
ピックアップコンテンツ
三重大学病院
若手医師研究実績
後期研修のご案内
認知症センター
「遺伝性脳小血管病CADASILのデータベース構築と運用」研究班
「神経難病のレスパイト入院に関する実態調査」について
臨床研究に関する情報公開
page top