入局をお考えの方へ

先輩からのメッセージ

島田 拓弥

 最近、実習に来た医学生の方や研修医の先生に「神経内科に興味があります」と言われることが多くなってきました。ただ、神経疾患や神経診察は難しいから苦手という方もいると思います。今回は神経内科医になって気付いたことをお話したいと思います。
 身体診察の教科書をみると、筋強剛や失調など見慣れない文字が並んでいます。これらを読んで理解するのは困難です。短期間で神経診察が上達するためには自分の診察を指導医にみてもらうことが大切だと思います。医学生の方と一緒に診察をすると短時間で見違えるように診察がうまくなる方がたくさんいます。
 神経疾患は治療が難しいと言われますが、初期のパーキンソン病や片頭痛、本態性振戦など治療でよくなる疾患がほとんどです。しかし、神経筋疾患を中心に有効な治療法がなく徐々に症状が進行する疾患も依然として残されています。神経内科医が難病の方にできることは限られていますが、早期に診断し、今後起こりうることをあらかじめ予測し準備することで、患者さんの負担を軽減したいと考えています。
 自分も学生の時は神経診察や画像の読影が苦手でしたが、ちょっとしたコツをつかめば難しいことはありません。少しでも興味を持っていただいたら、ぜひ気軽に見学に来てください。お待ちしています。

石川 英洋

 神経内科は脳、脊髄、末梢神経、筋肉が専門です。特徴的な診療として、打腱器や音叉を用いた神経診察、筋電図や脳波などの電気生理、髄液検査、筋生検、神経生検があります。疾患としては、脳卒中、髄膜炎、ギランバレー症候群、てんかん重積など、迅速な診断・治療が要求される神経救急から、認知症、パーキンソン病や筋ジストロフィーといった慢性的に経過する疾患があり、患者さんとその方を取り巻く人や環境を考慮しながら多職種で考え、長期にわたって共に疾患に向き合っていかねばならない難病が多い科でもあります。
 鑑別すべき病態・疾患が多く、診断に苦慮することがしばしばですが、詳細な問診、診察、画像検査などを行って診断・治療に結びついた時の達成感はその分大きく感じられます。検査・治療について次々に新しいものが出てきており、神経免疫疾患や変性疾患の病態の解明が進んで新しい検体検査や画像診断法が増えたり、iPS細胞を使った研究が始まったことで神経疾患における病態解明、再生医療への可能性が期待されていることは興味深いことです。
 医学的にも患者さんとの関わりでも難しいことが多すぎて一時はこの科を選んだことに後悔しかけたこともありますが、その都度丁寧に御指導いただき、少しずつわかることが増えて楽しく仕事をしています。また、ある程度は自分の時間もありますので、実家のある北海道には毎年帰省し、多少の家事や育児、ダイエット目的で始めた週10kmのランニングやシティマラソン参加は継続できています。
 少しでも興味のある方、ぜひいらしてください。また、意識障害、認知症や脳梗塞(後遺症)などは他科でも対応しなければならない機会がありますし、神経内科は診断や治療のために他科の先生のお世話になる事が多い科でもあります。神経内科にあまり興味がない方も、知り合いになっておきたいので、是非とも見学・研修に来てください。

谷口 彰

「神経内科は難しい」ってよく言われます。でも、どの科も同じです。脳卒中や神経免疫疾患のように緊急性の高い疾患(「動」の神経学)から、神経変性疾患や認知症、高次機能などじっくり学べる疾患(「静」の神経学)まで多彩です。
また、内科はもちろんのこと、脳外科、整形外科、精神科、眼科、耳鼻科など、多くの診療科との連携も大事であり、幅広く学ぶ機会もたくさんあります。
少しずつ一緒に勉強していきましょう。

ピックアップコンテンツ
三重大学病院
若手医師研究実績
後期研修のご案内
認知症センター
「遺伝性脳小血管病CADASILのデータベース構築と運用」研究班
「神経難病のレスパイト入院に関する実態調査」について
既存試料使用に対する配慮に対して
page top