入局をお考えの方へ

後期研修

神経内科って、難しいと思っていませんか? でも、どこの科も同じです。
突然発症したら脳卒中、徐々に悪くなったら変性疾患です。そして半身不随なら頭蓋内、手や足先なら末梢神経の病気です。道に迷った時は地図を見るように、解剖の本を開けば良いのです。内科はもちろんのこと、脳外科、精神科、耳鼻科、眼科など、神経内科ほどいろいろな科との連携が深い分野も珍しいと思います。
救急現場のぴんと張りつめた空気が好きな方は脳卒中やギランバレー症候群などの神経救急を、ゆっくり落ち着いて考えたい方は、変性疾患や高次脳機能を学んでみてはどうでしょう。

三重大学神経内科教室では、医学生や研修医のみなさんの見学を随時受け付けております。ご興味のある方は、メール(

)にてお問い合わせの上、是非見学にいらしてください。

後期研修プログラム

2年間の初期研修の後、神経内科専門医として神経学を志す人のプログラムです。臨床および研究面でリーダーシップをとることができる神経内科専門医の育成を目標としています。 神経内科疾患全般にわたり、指導医のもとで主治医として診療にあたります。受け持ち患者数は平均3~5人であり、ひとりの患者についてじっくりと勉強することができます。臨床神経学の基礎に加え、神経・筋生検、電気生理検査・脳波の手技や判読を指導医のもとで学びます。特に、神経生理と神経画像については後期研修医のための専用プログラムを準備し、エキスパートの指導下で系統的な学習が可能となるように配慮しています。ひとつの目標として、卒後7年目に神経内科専門医試験を受けますが、当科では例年100%に近い合格率を誇っています。

後期研修の具体的な目標としては、以下を身につけてほしいと思っています。

  • 神経内科医としての診察技術の確立および局所診断・病因診断能力の習得
  • 神経疾患の診断および鑑別のための検査計画・治療法の習得
  • 神経・筋生検、電気生理検査などの施行と結果の解釈
  • 神経放射線、神経病理などの臨床に則した結果の解釈
  • 神経救急疾患に対する迅速な判断と処置、治療指針の立案
  • 変性疾患や慢性疾患の長期的治療計画の習得
  • 他科からのコンサルト症例について的確な診療方針の提言

※2015年以降に初期研修を始める方は、新・内科専門医制度への変更が予定されています。

疾患例

   2015年度入院疾患表(2016/3/31まで)]

分類 入院
患者数
1.脳血管障害 40
2.感染・炎症 24
3.脱髄(中枢) 27
4.末梢神経 58
5.筋・神経筋接合部 21
6.変性疾患 112
7.機能性疾患 8
8.脊椎障害 12
9.その他 33
入院患者数の合計  335
ピックアップコンテンツ
三重大学病院
若手医師研究実績
後期研修のご案内
認知症センター
「遺伝性脳小血管病CADASILのデータベース構築と運用」研究班
「神経難病のレスパイト入院に関する実態調査」について
既存試料使用に対する配慮に対して
page top