研究活動

既存試料使用に対する配慮に対して



人を対象とする医学系研究におきまして、診療情報を利用させていただくことがあります。このような場合、人を対象とする医学系研究に関する倫理指針に基づき、対象となる患者様から直接同意を頂く代わりに、研究に用いられる情報の利用目的を含むその研究についての情報を公開し、研究が実施されることについて患者様(ご家族を含む)が拒否できる機会を保障することが必要とされています。
ご自身(ご家族を含む)の診療情報を研究に使用してほしくない場合は、オプトアウト拒否通知書(様式)にご記入の上、来院時に病院受付にご提出、あるいはご郵送いただければ幸いです。また、研究の内容についてお知りになりたいことがある場合にも、各研究の情報公開文書に記載されている「お問い合わせ窓口」へご連絡下さい。
なお、研究に使用してほしくない等の申し出を行うことを理由に、診療で不利益を受けることはありません。

なお、すべての臨床研究において三重大学医学部附属病院または三重大学医学系研究科・医学部倫理審査委員会において承認を得ています。


 脳神経内科 該当研究
 


ピックアップコンテンツ
若手医師研究実績
後期研修のご案内
認知症センター
「遺伝性脳小血管病CADASILのデータベース構築と運用」研究班
「神経難病のレスパイト入院に関する実態調査」について
既存試料使用に対する配慮に対して
page top