1. 看護学科TOP
  2. 学科紹介
  3. 講座紹介
  4. 母性・小児看護学講座

講座紹介

講座紹介

母性看護学では、性と生殖の観点から女性のライフサイクル、特に胎児期から成熟期に焦点を当てた母性の特徴を身体的・精神的・社会的側面から理解し、女性のライフサイクル全般において健康問題をもつ対象とその家族のウェルネスを高めるための看護ケア・理論について教育・研究しています。
小児看護学では、人間の基礎的段階である小児期の特徴を身体的・精神的・社会的側面から理解し、子どもの健康を維持するための理論や方法、健康問題をもつ子どもと家族への看護の理論や方法について教育・研究しています。

担当科目

学部担当科目
  • 母性看護学Ⅰ
  • 母性看護学Ⅱ
  • 母性看護学実習
  • 小児看護学Ⅰ
  • 小児看護学Ⅱ
  • 小児看護学Ⅲ
  • 小児看護学実習
  • 統合実習Ⅰ
  • 統合実習Ⅱ
  • 看護学基礎ゼミナール
  • 看護学専門ゼミナール
  • 看護研究方法論
  • 看護研究(卒論)
  • 助産論Ⅰ
  • 助産論Ⅱ
  • 助産診断学Ⅰ
  • 助産診断学Ⅱ
  • 助産技術学Ⅰ
  • 助産技術学Ⅱ
  • 助産学実習Ⅰ
  • 助産学実習Ⅱ
  • 助産学実習Ⅲ
  • 現代社会と健康
  • 暮らしと看護
  • 現代社会理解特殊講義

研究・教育内容

※名前をクリックすると研究者データベースへリンクします。

教授新小田春美(母性看護・助産学)
母子の健康と助産ケア 母子の生体リズムと睡眠健康評価
教授仁尾かおり(小児看護学)
慢性疾患をもつ子どもと家族の看護 成人期への移行過程にある人の看護
准教授村端真由美(小児看護学)
小児看護学 慢性疾患児の看護 小児の感染予防とケア
准教授大林陽子(母性看護学・助産学)
母子の健康及び支援 出産とストレス
助教山田奈央(母性看護学・助産学)
思春期の心身に対する健康支援
助教大北真弓(小児看護学)
小児在宅看護、小児緩和ケア