1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 臨床医学系講座/乳腺外科学(乳腺センター)

講座・研究分野

臨床医学系講座

乳腺外科学(乳腺センター)

Breast Surgery
  • TEL

    059-232-1111

  • FAX

    059-231-5584

乳腺外科学(乳腺センター)

乳癌は日本人女性にとって最も罹患率の高い癌であり、死亡率も上昇しています。乳房の大きさや性質、比較的若い年齢層に乳癌罹患率のピークがあるなど、日本と欧米では乳癌の疫学、診断・治療法などに相違があり、日本での研究は重要な意味を持っています。当教室は、乳癌を中心とした、乳腺に関連する病気の診断、治療、予防、診断や個別化治療のためのシステム作りなどの研究を行うため、2008年7月に新設されました。実地臨床に役立つことを目的とした研究に取り組んでいます。

  • 教 授

    小川朋子

  • 講 師

    花村典子

  • 学部担当科目

    乳腺外科学

  • 附属病院診療科

    乳腺外科、乳腺センター

  • 居 室

    病態医科学研究棟 7階

研究・教育内容

乳腺疾患の診断、治療、予防、診断や個別化治療のためのシステム作りにつながるような研究として、以下のような項目を幅広く研究しています。

研究内容
  1. 乳癌早期発見のための検診システム構築を可能にする画像診断システムの開発
  2. 微小乳癌診断のための新たな画像ガイド下生検法の開発
  3. センチネルリンパ節生検の新たな手技の開発や基礎的研究
  4. 整容性を考慮した手術術式の開発
  5. 治療法を個別化するために必要な基礎的研究:遺伝子発現パターンによる分類と予後との相関や治療効果予測の可能性の検討、新たなバイオマーカーの検索
  6. 乳癌の発癌や転移に関する基礎的研究

臨床において他科と協力してのチーム医療を実践しているのと同様に、研究においても当教室スタッフに加えて、非侵襲診断治療学、腫瘍病態解明学、修復再生病理学などのスタッフと協力して指導を行う体制をとっています。また、学部生、後期研修医、大学院生の教育を通じ、実地臨床で活躍できる人材の育成を目指しています。

画像1
造影超音波に関する研究

画像2
整容性を考慮した手術

研究業績

  1. Oncoplastic surgery combining abdominal advancement flaps with volume displacement techniques to breast-conserving surgery for small- to medium-sized breasts.
    Ogawa T, Hanamura N.
    Breast Cancer. 2016 Nov;23(6):932-938.
  2. The usefulness of a computer-aided diagnosis scheme for improving the performance of clinicians to diagnose non-mass lesions on breast ultrasonographic images.
    Shibusawa M, Nakayama R, Okanami Y, Kashikura Y, Imai N, Nakamura T, Kimura H, Yamashita M, Hanamura N, Ogawa T.
    J Med Ultrason (2001). 2016 Jul;43(3):387-94.
  3. Impact of parametric imaging on contrast-enhanced ultrasound of breast cancer.
    Noro A, Nakamura T, Hirai T, Haga M, Kobayashi T, Hayashi A, Kozuka Y, Nakai T, Ogura T, Ogawa T.
    J Med Ultrason (2001). 2016 Apr;43(2):227-35.
  4. Goldilocks mastectomy for obese Japanese females with breast ptosis.
    Ogawa T.
    Asian J Surg. 2015 Oct;38(4):232-5.
  5. Cosmetic evaluation methods adapted to asian patients after breast-conserving surgery and examination of the necessarily elements for cosmetic evaluation.
    Nohara Y, Hanamura N, Zaha H, Kimura H, Kashikura Y, Nakamura T, Noro A, Imai N, Shibusawa M, Ogawa T.
    J Breast Cancer. 2015 Mar;18(1):80-6.
  6. Long-term results of breast volume replacement using an inframammary adipofascial flap after breast-conserving surgery.
    Ogawa T, Hanamura N, Yamashita M, Kimura H, Kashikura Y.
    Breast Cancer. 2014 Sep;21(5):635-40.
  7. Usefulness of breast-conserving surgery using the round block technique or modified round block technique in Japanese females.
    Ogawa T.
    Asian J Surg. 2014 Jan;37(1):8-14.
  8. Improved differential diagnosis of breast masses on ultrasonographic images with a computer-aided diagnosis scheme for determining histological classifications.
    Kashikura Y, Nakayama R, Hizukuri A, Noro A, Nohara Y, Nakamura T, Ito M, Kimura H, Yamashita M, Hanamura N, Ogawa T.
    Acad Radiol. 2013 Apr;20(4):471-7.
  9. Oncoplastic technique combining an adipofascial flap with an extended glandular flap for the breast-conserving reconstruction of small dense breasts.
    Ogawa T, Hanamura N, Yamashita M, Kimura H, Ito M, Nakamura T, Kashikura Y, Nohara Y, Noro A.
    J Breast Cancer. 2012 Dec;15(4):468-73.
  10. Role of stromal myofibroblasts in invasive breast cancer: stromal expression of alpha-smooth muscle actin correlates with worse clinical outcome.
    Yamashita M, Ogawa T, Zhang X, Hanamura N, Kashikura Y, Takamura M, Yoneda M, Shiraishi T.
    Breast Cancer. 2012 Apr;19(2):170-6.