1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 基礎医学系講座/環境分子医学

講座・研究分野

基礎医学系講座

環境分子医学

Department of Environmental and Molecular Medicine
  • TEL

    059-231-5011

  • FAX

    059-231-5011

環境分子医学

かつて人類は感染症の猛威に生命を脅かされ、また文明や社会の進展過程で職業病や公害病に苦しめられてきました。衛生学(Hygiene)は、これらの社会環境から生命および生活をまもり、疾病の予防、健康増進、寿命延長、Quality of Lifeの向上および環境保全を目的として、環境科学や生命科学を含む学際的学問として発展してきました。
現在、人類の活発な社会活動は持続的に地球規模の環境汚染をもたらし、地球生態系に影響を与え、ヒトへの長期微量複合暴露による健康障害が懸念されています。環境分子医学分野(旧衛生学教室)では、「環境要因と宿主との相互作用」を解析し、予防医学的見地をふまえた環境医学として学際的研究を積極的に進めています。環境因子が生体に及ぼす影響(遺伝毒性、生殖毒性、老化、等)について分子生物学的手法を用いた解析と機構の解明を行い、疾病予防を目指す教育・研究を行っています。

  • 教 授

    村田真理子

  • 准教授

    及川伸二

  • 講 師

    平工雄介

  • 学部担当科目

    「社会と医学(衛生学)」講義、衛生学実習、PBLチュートリアル講義

  • 附属病院診療科

    -

  • 居 室

    先端医科学教育研究棟 5階

研究・教育内容

環境化学物質による発がん機構の解明と予防

悪性新生物(がん)の発生は大部分が化学物質などの環境因子に起因する。我々は一般環境や労働現場に存在する化学物質による活性酸素・窒素種の生成を介したDNA損傷およびその分子機構の解析を通じて、発がん機構の解明とリスク評価法の開発を目指している。がん化学予防物質の有効性と安全性の評価に関する研究も行っている。(参考文献1, 5, 6, 8)

炎症による発がん機構の解明

慢性炎症は感染症、炎症性疾患、物理化学的因子などにより誘発され、環境発がんの約25%に寄与するとの推算がある。我々は炎症関連がん患者やモデル動物の試料・標本を用いて、DNA損傷やエピゲノム変化(DNAメチル化やマイクロRNA発現変動など)について解析し、発がん機構の解明やがん予防法の開発を目指した研究を行っている。(参考文献2, 3, 4, 8, 9)

老年病のバイオマーカーの探索と予防法の確立

日本では、超高齢社会が進行し高齢者の数が増加している。我々は、老年病の中でも特に認知症と悪性新生物に焦点を当て、それらを迅速に診断できるバイオマーカー(タンパク質やマイクロRNA、低分子量代謝物など)の探索を行っている。また、抗酸化剤を用いた予防法の確立についても研究を行っている。(参考文献7, 8, 10)

画像1

研究業績

  1. Multi-walled carbon nanotube induces nitrative DNA damage in human lung epithelial cells via HMGB1-RAGE interaction and Toll-like receptor 9 activation.
    Hiraku Y, Guo F, Ma N, Yamada T, Wang S, Kawanishi S, Murata M.
    Part Fibre Toxicol. 2016 Mar 29;13:16. doi: 10.1186/s12989-016-0127-7.
  2. Inflammation-Related DNA Damage and Cancer Stem Cell Markers in Nasopharyngeal Carcinoma.
    Wang S, Ma N, Zhao W, Midorikawa K, Kawanishi S, Hiraku Y, Oikawa S, Zhang Z, Huang G, Murata M.
    Mediators Inflamm. 2016;2016:9343460. doi: 10.1155/2016/9343460.
  3. DNA Damage in CD133-Positive Cells in Barrett's Esophagus and Esophageal Adenocarcinoma.
    Thanan R, Ma N, Hiraku Y, Iijima K, Koike T, Shimosegawa T, Murata M, Kawanishi S.
    Mediators Inflamm. 2016;2016:7937814. doi: 10.1155/2016/7937814.
  4. The potent tumor suppressor miR-497 inhibits cancer phenotypes in nasopharyngeal carcinoma by targeting ANLN and HSPA4L.
    Wang S, Mo Y, Midorikawa K, Zhang Z, Huang G, Ma N, Zhao W, Hiraku Y, Oikawa S, Murata M.
    Oncotarget. 2015 Nov 3;6(34):35893-907. doi: 10.18632/oncotarget.5651.
  5. Formation of the nitrative DNA lesion 8-nitroguanine is associated with asbestos contents in human lung tissues: a pilot study.
    Hiraku Y, Sakai K, Shibata E, Kamijima M, Hisanaga N, Ma N, Kawanishi S, Murata M.
    J Occup Health. 2014;56(3):186-96.
  6. Metal-mediated oxidative DNA damage induced by methylene blue.
    Hiraku Y, Goto H, Kohno M, Kawanishi S, Murata M.
    Biochim Biophys Acta. 2014 Sep;1840(9):2776-82. doi: 10.1016/j.bbagen.2014.04.020.
  7. Proteomic analysis of carbonylated proteins in the monkey substantia nigra after ischemia-reperfusion.
    Oikawa S, Kobayashi H, Kitamura Y, Zhu H, Obata K, Minabe Y, Dazortsava M, Ohashi K, Tada-Oikawa S, Takahashi H, Yata K, Murata M, Yamashima T.
    Free Radic Res. 2014 Jun;48(6):694-705. doi: 10.3109/10715762.2014.901509.
  8. Oxidative stress and its significant roles in neurodegenerative diseases and cancer.
    Thanan R, Oikawa S, Hiraku Y, Ohnishi S, Ma N, Pinlaor S, Yongvanit P, Kawanishi S, Murata M.
    Int J Mol Sci. 2014 Dec 24;16(1):193-217. doi: 10.3390/ijms16010193.
  9. Inflammation-related DNA damage and expression of CD133 and Oct3/4 in cholangiocarcinoma patients with poor prognosis.
    Thanan R, Pairojkul C, Pinlaor S, Khuntikeo N, Wongkham C, Sripa B, Ma N, Vaeteewoottacharn K, Furukawa A, Kobayashi H, Hiraku Y, Oikawa S, Kawanishi S, Yongvanit P, Murata M.
    Free Radic Biol Med. 2013 Dec;65:1464-72. doi: 10.1016/j.freeradbiomed.2013.07.034.
  10. roteomic identification of carbonylated proteins in the monkey hippocampus after ischemia-reperfusion.
    Oikawa S, Yamada T, Minohata T, Kobayashi H, Furukawa A, Tada-Oikawa S, Hiraku Y, Murata M, Kikuchi M, Yamashima T.
    Free Radic Biol Med. 2009 Jun 1;46(11):1472-7. doi: 10.1016/j.freeradbiomed.2009.02.029.