1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 臨床医学系講座/家庭医療学・地域医療学

講座・研究分野

臨床医学系講座

家庭医療学・地域医療学

Family medicine / Community Medicine
  • TEL

    059-231-5290

  • FAX

    059-231-5289

家庭医療学・地域医療学

家庭医療学は、地域の病院や診療所でプライマリ・ケアを実践する家庭医や総合診療医に関する学問体系である。総合診療のあるべき特性や有効性、課題などを明らかにする。当教室では、行動科学に係る研究を主体とする。例えば、医師の行動が、患者からの情報量や患者の満足度、患者の健康アウトカムに与える影響を明らかにする研究などである。地域医療学は、地域の特性がその地域の住民に与える影響を解明し、地域のニーズに沿った医療を提供することを目的とした学問分野である。また、地域での効果的な医療の形態を明らかにすることも目的とする。ともに、地域でプライマリ・ケアを行うために必要なエビデンスを希求する。

  • 教 授

    竹村洋典

  • 講 師

    若林英樹

  • 助 教

    田口智博

  • 助 教

    北村 大

  • 助 教

    森 洋平

  • 助 教

    市川周平

  • 助 教

    近藤 諭

  • 助 教

    後藤道子

  • 学部担当科目

    医療と社会 (1年)、研究室研修 (3-4年)、PBLチュートリアル (3-4年)、基本的臨床技能教育 (4年)、クリニカルクラークシップ (4-5年)

  • 附属病院診療科

    総合診療科

  • 居 室

    先端医科学教育研究棟 4階

研究・教育内容

 当教室では、主として家庭医療学と地域医療学を研究・教育の対象としている。行動科学的な手法を用い、家庭医療/総合診療を中心に、医学教育やチーム医療、在宅医療、感染症学、疫学、公衆衛生学など、幅広い領域で研究が展開されている。これらの研究は、教員や地域の医療機関で勤務する医療スタッフらが、自らの実践を通じて感じた疑問に基づいており、疑問の解消のみならず、中長期的には自らの実践に還元することを目指している。また、量的手法・質的手法の双方を用いることで、研究に幅広さと深さを持たせている。現在進行している研究の例として、家庭医療/総合診療の原理と医療アウトカム、医療現場でのチームビルディング、主治医と産業医の連携、在宅医療の医療経済性、医師のプロフェッショナリズム、医療分野でのサイエンス・コミュニケーション、地域での臨床実習の有効性、多職種連携教育などが挙げられる。
 教育では、医学部学生を対象とした総合診療・家庭医療教育と、初期研修医を対象としたプライマリ・ケア研修、総合診療医・家庭医の専門医を育成する三重大学家庭医療学後期研修プログラムを実施している。
 卒前教育 (医療と社会、研究室研修、家庭医療学講義) では、患者や地域、社会の背景を踏まえた医療の在り方について、体験しながら学ぶ機会を設けている。特に4~5年時の臨床実習では、地域の医療期間で1か月間の研修を行い、地域での医療の在り方や役割を深く学ぶ。加えて、6年次の臨床実習では、地域の医療機関で3~4か月間の研修を行うLRCC (Longitudinal Regional Community Clerkship) も行っている。地域の医療機関での1か月以上の研修は全国的にも稀であり、先進的な取り組みである。
 三重大学家庭医療後期研修プログラムは、三重県のニーズに対応するため、三重県全域に研修施設を拡充した。総合診療専門医が創設されたことも併せて、地域での役割と期待はますます大きくなっている。

研究業績

  1. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26081346
    Horibata K, Tanoue A, Ito M, Takemura Y. Relationship between renal function and serum magnesium concentration in elderly outpatients treated with magnesium oxide. Geriatr Gerontol Intern 2016; 16: 600-5.
  2. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27048317
    Tanizaki R, Oya M, Takemura Y. Purpura on the truncus and extremities. Emerg Med J 2016; doi:10.1136/emermed-2016-205777
  3. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26979491
    Ukai T, Shikata S, Takeda H, Dawes L, Noguchi Y, Nakayama T, Takemura Y. Evidence of surgical outcomes fluctuates over time: results from a cumulative meta-analysis of laparoscopic versus open appendectomy for acute appendicitis. BMC Gastroenterology 2016; 16: 37-37.
  4. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26924940
    Goto M, Takemura Y. Which medical interview skills are associated with patients’ verbal indications of undisclosed feelings of anxiety and depressive feelings? Asia Pac Fam Med 2016; 15: 2. DOI: 10.1186/s12930-016-0027-x
  5. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26526728
    Ie K, Ichikawa S, Takemura Y. Development of a questionnaire to measure primary care physicians’ scope of practice. BMC family practice 2015; 16: 161.
  6. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26097414
    Goto M, Yokoya S, Takemura Y, Gayle AA, Tsuda T. Describing the factors that influence the process of making a shared-agenda in Japanese family physician consultations. Asia Pac Fam Med 2015; 14: 6. DOI: 10.1186/s12930-015-0023-6
  7. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25678060
    Ukai T, Shikata S, Inoue M, Noguchi Y, Igarashi H, Mayumi T, Yoshida M, Takemura Y. Early prophylactic antibiotics admission for acute necrotizing pancreatitis: a meta-analysis of randomized controlled trials. J Hepatobiliary Pancreat Sci 2015; 22: 316-21. doi: 10.1002/jhbp.221.
  8. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25898305
    Takemura A, Ie K, Takemura Y. Overcoming challenges in primary care education: a trial of a longitudinal integrated clerkship in a rural community hospital settings in Japan. Educ Prim Care 2015; 26: 122-6.
  9. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25742927
    Horibata K, Takemura Y. Inappropriate use of ambulance services by elderly patients with less urgent medical needs. Tohoku J Exp Med 2015; 235: 89-95.
  10. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18382837
    Takemura Y, Atsumi R, Tsuda T. Which medical interview behaviors are associated with patient satisfaction? Fam Med 2008; 40: 253-8.