家庭医療学は、地域の病院や診療所でプライマリ・ケアを実践する家庭医にかかわる学問体系である。家庭医療のあるべき特性を究明したり、その有効性を実証したり、問題点を明らかにする。当教室では、家庭医療学研究の主体は行動科学に係る研究となっている。例えば、医師の行動が、患者からの情報量や患者の満足度、服薬アドヒアランス、さらには患者の健康アウトカムに与える影響を明らかにする研究などである。  地域医療学は、地域の特性がその地域の住民に与える影響を究明し、その住民にフィードバックすることを目的とした学問分野である。また、地域におけるもっとも効果的な医療の形態を明らかにすることもその目的となっている。ともに地域でプライマリ・ケアを行うために必須のエビデンスを希求する

教授
竹村 洋典
学部担当科目
家庭医療学・地域医療学
附属病院診療科名
総合診療科
居室
探索医学研究棟 2階

研究・教育内容

当教室では、主として家庭医療学と地域医療学を研究・教育の対象としている。家庭医療学の研究分野でも世界の家庭医療研究者がさかんに行っている行動学研究がその中心となっている。
行動科学分野で当教室は、日本ではもとより世界でも注目を浴びる研究を行い、多くのエビデンスを生産している。地域医療学も研究対象となっており、例えば住民の食習慣、運動習慣、喫煙習慣、飲酒習慣、睡眠習慣などが住民の健康にどれほど影響しているか明らかにしている。両分野の研究とも、質的研究や量的研究の両方の手法をふんだんに使用する研究である。 
教育においては、家庭医療に係る卒前医学教育(医療と社会、研究室研修、クリニカルクラークシップなど)、卒後臨床研修では初期研修でのプライマリ・ケア研修や後期研修での三重大学家庭医療学プログラムを実施している。特に家庭医療学プログラムは全国的にも知名度が高く、全国から研修医を集めている。


研究紹介1


研究紹介2


教室員の写真

研究業績

  • (1)Which medical interview behaviors are associated with patient satisfaction?
    Takemura Y, Atsumi R, Tsuda T
    Family Med 2008: 40: 253-258.
  • (2)Relation between breastfeeding and the prevalence of asthma: the Tokorozawa Childhood Asthma and Pollinosis Study
    Takemura Y, Sakurai Y, Honjo S, Kusakari A, Hara K, Gibo M. Tokimatsu A, Kugai N
    Am J Epidemiol 2001: 154: 115-119.
  • (3)Identifying medical interview behaviors that best elicited information from patient in clinical practice
    Takemura Y, Atsumi R, Tsuda T
    Tohoku J Exp Med 2007: 213: 121-127.
  • (4)Open-ended questions: Are they really beneficial for gathering information from patients?
    Takemura Y, Sakurai Y, Yokoya S, Otaki J, Matsuoka T, Ban N, Hirata I, Miki T, Tsuda T
    Tohoku J Exp Med 2005: 206: 151-154.
  • (5)The relationship between fish intake and the prevalence of asthma: the Tokorozawa Childhood Asthma and Pollinosis Study
    Takemura Y, Sakurai Y, Honjo S, Tokimatsu A, Gibo M, Hara K, Kusakari A, Kugai N
    Prev Med 2002: 34: 221-225.
  • (6)Cross-sectional study on the relationship between smoking or smoking cessation and trait anxiety
    Takemura Y, Akanuma M, Kikuchi S, Inaba Y
    Prev Med 1999: 29: 496-500.
  • (7)The protective effect of good physical fitness when young on the risk of impaired glucose tolerance when old
    Takemura Y, Kikuchi S, Yasuda H, Inaba Y, Nakagawa K
    Prev Med 1999: 28: 14-19.
  • (8)A cross-sectional study on the relationship between depression and left ventricular hypertrophy
    Takemura Y, Kikuchi S, Takagi F, Inaba Y, Nakagawa K
    Prev Med 1998; 27: 787-791.
  • (9)Development of a questionnaire to evaluate patient satisfaction with medical encounters
    Takemura Y, Liu J, Atsumi R, Tsuda T
    Tohoku J Exp Med 2006: 210: 373-381.
  • (10)Epidemiologic study of the relationship between schistosomiasis due to S japonicum and liver cancer / cirrhosis Takemura Y, Kikuchi S, Inaba Y Am J Trop Med Hyg 1998; 56: 551-556.
Copyright (C) 2011 Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.