1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 基礎医学系講座/法医法科学

講座・研究分野

基礎医学系講座

法医法科学

Department of Forensic Medicine and Siences
  • TEL

    059-231-5014

  • FAX

    059-231-5690

法医法科学

全国的に異状死体数は増加傾向にあり三重県では近年約2000体を越えました。当分野は県内唯一の法医学教室として三重県全域の法医解剖を担当しています(2010年127件)。正確な死因を判断することは医師に課せられた最後の義務であることから、正確な死因判断、個人識別を通じて死者の人権を守り、社会に貢献することを目標としています。そのために、正確な死因判断を行うための診断法の開発や、死亡に至る機序の解明を目的として、分子病態学的手法を用いて研究しています。

  • 教 授

    那谷雅之

  • 准教授

    井上裕匡

  • 学部担当科目

    法医学

  • 附属病院診療科

    -

  • 居 室

    先端医科学教育研究棟 5階

研究・教育内容

以下のテーマに対し、主に実験動物を用いて分子病態学的に研究しています。
  1. 高温暴露による死への機序
    昨今の世界的な気温上昇により、夏期には多数の人が熱中症で死亡しています。当分野では、高温暴露時の生体の反応から死亡への機序の解明、法医診断法の開発、熱中症の予防法の開発を目標としています。
  2. 脂肪肝時の薬物代謝異常
    近年脂肪肝はメタボリック症候群との関連で注目されている。当分野では、脂肪肝時の薬物代謝能の低下と薬物中毒死との関連について検索しています。
  3. 急性覚醒剤中毒死の機序
    覚醒剤は日本における乱用薬物の1つであり、現在では若年者・女性の乱用が増加しています。当分野では、覚醒剤中毒死の機序を心臓に焦点を当て検索しています。

法医学を専門とする医師の養成を第一に考えますが、日常診療で関わるであろう異状死体の取扱(検案および解剖)や死亡診断書(死体検案書)の記載法など、医師として知っておくべき法医学的知識の習得を目標としています。

なお、検案・行政解剖は大阪府監察医事務所での見学・実習が可能です(事前に当分野への問い合わせが必要)。

画像1

画像1

研究業績

  1. Massive retroperitoneal haemorrhage after extracorporeal shock wave lithotripsy (ESWL).
    Inoue H, Kamphausen T, Bajanowski T, Trübner K. Int J Legal Med. 2011 Jan;125(1):75-9.
  2. Molecular-biological analysis of the effect of methamphetamine on the heart in restrained mice.
    Shinone K, Tomita M, Inoue H, Nakagawa Y, Ikemura M, Nata M. Leg Med (Tokyo). 2010 Mar;12(2):79-83.
  3. Pulmonary fat embolization as a diagnostic finding for heat exposure.
    Inoue H, Ikeda N, Tsuji A, Kudo K, Hanagama M, Nata M. Leg Med (Tokyo). 2009 Jan;11(1):1-3.
  4. 薬物依存症と突然死
    井上裕匡, 那谷雅之 日本臨床 68巻8号 Page1560-1564(2010.08)
  5. Gene expression on liver toxicity induced by administration of haloperidol in rats with severe fatty liver.
    Hanagama M, Inoue H, Kamiya M, Shinone K, Nata M. Leg Med (Tokyo). 2008 Jul;10(4):177-84.
  6. Cerebral infarction due to aortic dissection which developed immediately after traffic accident.
    Inoue H, Nakagawa Y, Ikemura M, Shinone K, Nata M. J Forensic Leg Med. 2010 May;17(4):224-5.
  7. Sudden death from ischaemic heart disease in a female patient with Sjögren syndrome: a case report.
    Inoue H, Kinoshita K, Sugiyama M, Funauchi M, Hanagama M, Nata M. Med Sci Law. 2008 Jul;48(3):261-5.