1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 臨床医学系講座/消化器内科学

講座・研究分野

臨床医学系講座

消化器内科学

Department of Gastroenterology and Hepatology
  • TEL

    059-231-5017

  • FAX

    059-231-5223

消化器内科学

消化器内科学は大きな変革期に入りつつあります。それは消化管・肝・膵を機軸とする臓器機能連関が、外界からの情報を生体機能に有用なかたちで認識・制御を行っており、その機能障害は代謝の変調や免疫系の撹乱を介して、糖尿病・高脂血症などの代謝疾患、高血圧、動脈硬化と密接に関わることが明らかとなってきたからであり、消化器内科学が扱う領域は拡大していくと考えられます。消化器・肝臓機能軸からみた生活習慣病の制御という新しい概念を研究の第一線に導入し、時代を先導する消化器内科を創ることを目標としています。

  • 教 授

    竹井謙之

  • 准教授

    岩佐元雄

  • 准教授

    堀木紀行

  • 講 師

    長谷川浩司

  • 講 師

    山本憲彦

  • 学部担当科目

    消化器内科学

  • 附属病院診療科

    消化器・肝臓内科

  • 居 室

    病態医科学研究棟 5階

研究・教育内容

臨床から基礎研究へ、また基礎研究を臨床へ展開させるためのトランスレーショナルな能力を持った人材を養成したい。臨床的観察から得られた現象を洞察し、新しい仮説をたて、バイアスを可能な限り排した研究手段により、高い価値を持つエビデンスを世界に発信することを目標としている。

肝臓分野:非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)及びアルコール性肝障害の病態解明と治療学、HCV及びHBV遺伝子変異とウイルス排除への応用、肝線維化抑制療法の開発、肝疾患の新規血中バイオマーカーの探索など。

消化管分野:拡大内視鏡を用いた消化管疾患の診断法の開発、炎症性腸疾患の腸内細菌叢と局所免疫異常、小腸疾患の病態解明、逆流性食道炎における食道粘膜微細構造変化など。

胆道・膵臓分野:超音波内視鏡下針生検材料を用いた膵疾患の予後予測と新規治療法の開発、血中・尿中新規膵癌バイオマーカーの探索など。

臓器相関:肝臓—腸—胆嚢—膵臓の臓器間相関を示す消化器疾患(合併症を含む)における、臓器間連繋を担う新規病態情報伝達体の解明とその機能解析。

画像1
コア領域に変異を有するHCVに感染した患者はインスリン抵抗性を伴い
予後不良であるが、in vitroの実験系で内臓脂肪細胞のアディポカイン
産生を変化させ肝脂肪化を助長することを見出した(業績5)。

画像2
病態情報をコンパクトに封入した「低エントロピー性病態情報伝達体」である
EV (Extracellular Vesicles, 細胞外小胞)は、肝臓内・肝外遠隔臓器
病態連繋を担う(業績1,2)。

画像3
アルコール性肝障害では、プロテインS(PS)がNKT細胞のアポトーシスを抑制
することで肝障害を促進することを証明した(業績7)。PS制御を介した肝障害
の新規治療に繋がる可能性がある。

研究業績

  1. Circulating adipocyte-derived extracellular vesicles are novel markers of metabolic stress.
    Eguchi A, Lazic M, Armando AM, Phillips SA, Katebian R, Maraka S, Quehenberger O, Sears DD, Feldstein AE.
  2. Extracellular vesicles released by hepatocytes from gastric infusion model of ALD contain a miRNA barcode that can be detected in blood.
    Eguchi A, Lazaro RG, Wang J, Kim J, Povero D, Willliams B, Ho SB, Stärkel P, Schnabl B, Ohno-Machado L, Tsukamoto H, Feldstein AE.
    Hepatology. 2016 Sep 17. doi: 10.1002/hep.28838.
  3. Human Equilibrative Nucleoside Transporter 1 Expression in Endoscopic Ultrasonography-Guided Fine-Needle Aspiration Biopsy Samples Is a Strong Predictor of Clinical Response and Survival in the Patients With Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Undergoing Gemcitabine-Based Chemoradiotherapy.
    Yamada R, Mizuno S, Uchida K, Yoneda M, Kanayama K, Inoue H, Murata Y, Kuriyama N, Kishiwada M, Usui M, Ii N, Tsuboi J, Tano S, Hamada Y, Tanaka K, Horiki N, Ogura T, Shiraishi T, Takei Y, Katayama N, Isaji S.
    Pancreas. 2016 May-Jun;45(5):761-71.
  4. Change in skeletal muscle mass after administering entecavir in patients with hepatitis B.
    Iwasa M, Sugimoto R, Yoshikawa K, Miyachi H, Mifuji-Moroka R, Tanaka H, Kobayashi Y, Hasegawa H, Takei Y.
    Nutrition. 2015 Sep;31(9):1173-4.
  5. Substitution in Amino Acid 70 of Hepatitis C Virus Core Protein Changes the Adipokine Profile via Toll-Like Receptor 2/4 Signaling.
    Uraki S, Tameda M, Sugimoto K, Shiraki K, Takei Y, Nobori T, Ito M.
    PLoS One. 2015 Jun 29;10(6):e0131346.
  6. Microparticles release by adipocytes act as "find-me" signals to promote macrophage migration.
    Eguchi A, Mulya A, Lazic M, Radhakrishnan D, Berk MP, Povero D, Gornicka A, Feldstein AE.
    PLoS One. 2015 Apr 7;10(4):e0123110. doi: 10.1371/journal.pone.0123110.
  7. Protein S exacerbates alcoholic hepatitis by stimulating liver natural killer T cells.
    Chelakkot-Govindalayathil AL, Mifuji-Moroka R, D'Alessandro-Gabazza CN, Toda M, Matsuda Y, Gil-Bernabe P, Roeen Z, Yasuma T, Yano Y, Gabazza EC, Iwasa M, Takei Y.
    J Thromb Haemost. 2015 Jan;13(1):142-54.
  8. Branched-chain amino acid supplementation reduces oxidative stress and prolongs survival in rats with advanced liver cirrhosis.
    Iwasa M, Kobayashi Y, Mifuji-Moroka R, Hara N, Miyachi H, Sugimoto R, Tanaka H, Fujita N, Gabazza EC, Takei Y.
    PLoS One. 2013 Jul 25;8(7):e70309.