当科は成人および小児の消化管疾患(悪性および良性)を対象とし治療を行っております。おもに食道癌、胃癌、大腸癌などの消化器癌治療、炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療を行っています。消化器癌治療においては、早期例では、根治性を維持した低侵襲な鏡視下手術を導入する一方、進行例では、手術療法、薬物治療(抗癌剤や抗炎症薬など)、放射線治療などを駆使し、根治性と機能温存のバランスのとれた集学的治療を行っております。このように複雑化した治療を行う場合、科学的根拠に基づいた治療の実践が要求されます。いわゆる'Academic Surgeon'として社会に貢献するには、手術技術向上はもちろん、治療成績向上を目指した臨床および基礎研究を行うことも必要と考えています。

教授
楠 正人
准教授
荒木 俊光
講師
大井 正貴
問山 裕二
学部担当科目
消化器癌・炎症性腸疾患・小児外科
附属病院診療科名
消化管外科
居室
病態医科学研究棟 7階

研究・教育内容

当科では様々なトランスレーショナル・リサーチ(橋渡し研究)を行っています。われわれは、臨床成績の詳細な解析により、問題点を抽出し、治療成績向上のために必要な診断、治療、予防に役立つ基礎研究を行っています。このトランスレーショナル・リサーチを遂行することで、新しい治療法を確立し大学病院の使命を果たすとともに、医学に貢献したいと考えています。

研究内容

 1.治療抵抗性克服を目指したテーラーメイド化消化器癌集学的治療法の開発
 2.癌転移再発予測およびその制御を目指した生体内リアルタイム診断法の確立
 3.外科的および内科的免疫修飾による新たな炎症性腸疾患治療法の確立
 4.新生児壊死性腸炎の病態解明とその治療法の確立

指導内容

 ・遺伝子発現変化に基づいた抗癌剤および放射線感受性増強効果の分子生物学的解析
 ・ 消化器癌治療最適化のための新規バイオマーカー検索、同定とその臨床応用
 ・炎症性腸疾患患者における好中球機能制御による免疫能修飾の基礎的研究
 ・ 新生児壊死性腸炎モデルマウスを用いた分子生物学的および形態学的病態解明
 ・ 二光子レーザー顕微鏡を用いた生体内薬物動態の形態学的評価法の確立

臨床研究およびトランスレーショナル・リサーチに用いるデータはすべて匿名化し、個人を特定できる情報を発表、発信することは一切ありません。


  • IL1β, IL1ra刺激における
    大腸癌細胞株のsIL6R, sGP130発現の継時的変化

  • IL1β, IL1ra刺激における
    大腸癌細胞株のsIL6R, IL6R発現

  • 直腸癌化学放射線療法後の遺残癌細胞における
    CK20, CD133, OCT4, SOX2発現

  • 直腸癌化学放射線療法後の遺残癌細胞における
    CD133, OCT4, SOX2発現と予後

  • 二光子レーザー顕微鏡によるマウス腹腔内臓器観察法

  • Bacterial Translocationモデルにおける
    大腸陰窩(緑色)と大腸菌(赤色)

研究業績

  • (1)Loss of tumoral expression of soluble IL-6 receptor is associated with disease progression in colorectal cancer. Okugawa Y, Miki C, Toiyama Y, Yasuda H, Yokoe T, Saigusa S, Hiro J, Tanaka K, Inoue Y, Kusunoki M. Br J Cancer. 2010;103:787-95.
  • (2)Intravital imaging of DSS-induced cecal mucosal damage in GFP-transgenic mice using two-photon microscopy. Toiyama Y, Mizoguchi A, Okugawa Y, Koike Y, Morimoto Y, Araki T, Uchida K, Tanaka K, Nakashima H, Hibi M, Kimura K, Inoue Y, Miki C, Kusunoki M. J Gastroenterol. 2010;45:544-53.
  • (3)Correlation of CD133, OCT4, and SOX2 in rectal cancer and their association with distant recurrence after chemoradiotherapy. Saigusa S, Tanaka K, Toiyama Y, Yokoe T, Okugawa Y, Ioue Y, Miki C, Kusunoki M. Ann Surg Oncol. 2009;16:3488-98.
Copyright (C) 2011 Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.