1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 臨床医学系講座/消化管・小児外科学

講座・研究分野

臨床医学系講座

消化管・小児外科学

Gastrointestinal and Pediatric Surgery
  • TEL

    059-231-5294

  • FAX

    059-232-6968

消化管・小児外科学

当科は成人および小児の消化管疾患(悪性および良性)を対象とし治療を行っております。おもに食道癌、胃癌、大腸癌などの消化器癌治療、炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療を行っています。消化器癌治療においては、早期例では、根治性を維持した低侵襲な鏡視下手術を導入する一方、進行例では、手術療法、薬物治療(抗癌剤や抗炎症薬など)、放射線治療などを駆使し、根治性と機能温存のバランスのとれた集学的治療を行っております。このように複雑化した治療を行う場合、科学的根拠に基づいた治療の実践が要求されます。いわゆる'Academic Surgeon'として社会に貢献するには、手術技術向上はもちろん、治療成績向上を目指した臨床および基礎研究を行うことも必要と考えています。

  • 教 授

    楠 正人

  • 准教授

    毛利靖彦

  • 講 師

    井上靖浩

  • 講 師

    荒木俊光

  • 講 師

    大井正貴

  • 講 師

    問山裕二

  • 学部担当科目

    消化器癌・炎症性腸疾患・小児外科

  • 附属病院診療科

    消化管外科

  • 居 室

    病態医科学研究棟 7階

研究・教育内容

日常診療で遭遇するclinical questionや、臨床成績を詳細に解析することで抽出される問題点に対して、臨床研究ならびに基礎研究を行っています。これらの研究(トランスレーショナル・リサーチ)追行することで新しい治療法を確立し大学病院としての使命を果たすとともに、医学に貢献したいと考えております。

1.遊離核酸等を用いた非侵襲的消化器癌診断(胃癌、大腸癌、食道癌)に関する研究

非侵襲的なバイオマーカーとして消化器癌(胃癌、大腸癌、食道癌)患者の血清miRNAsを定量することで、診断、予後、再発、抗癌剤治療反応性マーカーとして意義を検討。遊離核酸等を包埋しているエクソソームも非侵襲的バイオマーカーとして検証。癌特異的に分泌されるエクソソームに包埋された遺伝子情報を解析し、Liquid biopsyによる消化器癌患者の診断および治療戦略の構築。

2.エピゲノムから検証した炎症性発癌のメカニズムとその臨床応用

自然発生の大腸癌、潰瘍性大腸炎の大腸粘膜に起こるColitic cancerの発癌過程におけるエピゲノム変化を全ゲノム解析にて網羅的に検討。エピゲノム変化による遺伝子発現制御と通常大腸癌、炎症による誘発される大腸癌に関与を検証。発癌に関わるエピゲノムマーカーを用いた大腸癌早期診断方法、潰瘍性大腸炎の癌化早期診断を確立。他の炎症により誘発される、食道癌、ピロリ菌関連胃癌に対しても応用。

3.プロテオミクスを用いた消化器癌の転移部位予測マーカーの網羅的探索に関する研究

消化癌患者、炎症性腸疾患患者ならびに小児疾患の組織ならびにその血清を用い、網羅的プロテオミクス解析を行い、腫瘍マーカーに代用できる新規転移予測マーカー、抗癌剤効果予測マーカー、予後規定予測マーカーの同定。

4.消化器癌における新規免疫治療の効果予測マーカーの検証

消化器癌におけるPD-L1発現および抗PD-1抗体の効果とミスマッチ修復(MMR)遺伝子発現。また抗PD-1抗体の治療効果と癌腫瘍免疫、ならびに宿主免疫と関連の検討。

画像1

画像2

画像3

画像4

研究業績

  1. Circulating microRNA-1290 as a novel diagnostic and prognostic biomarker in human colorectal cancer.
    Imaoka H, Toiyama Y, Fujikawa H, Hiro J, Saigusa S, Tanaka K, Inoue Y, Mohri Y, Mori T, Kato T, Toden S, Goel A, Kusunoki M.
    Ann Oncol. 2016 Oct;27(10):1879-86.
  2. FOXM1 and FOXQ1 Are Promising Prognostic Biomarkers and Novel Targets of Tumor-Suppressive miR-342 in Human Colorectal Cancer.
    Weng W, Okugawa Y, Toden S, Toiyama Y, Kusunoki M, Goel A.
    Clin Cancer Res. 2016 Oct 1;22(19):4947-4957.
  3. Impact of Preoperative Neutrophil to Lymphocyte Ratio and Postoperative Infectious Complications on Survival After Curative Gastrectomy for Gastric Cancer: A Single Institutional Cohort Study.
    Mohri Y, Tanaka K, Toiyama Y, Ohi M, Yasuda H, Inoue Y, Kusunoki M.Medicine (Baltimore). 2016 Mar;95(11):e3125
  4. Circulating microRNA-203 predicts prognosis and metastasis in human colorectal cancer.
    Hur K, Toiyama Y, Okugawa Y, Ide S, Imaoka H, Boland CR, Goel A.
    Gut. 2015 Dec 23. pii: gutjnl-2014-308737. doi: 10.1136/gutjnl-2014-308737. [Epub ahead of print]
  5. Clinical significance of SNORA42 as an oncogene and a prognostic biomarker in colorectal cancer.
    Okugawa Y, Toiyama Y, Toden S, Mitoma H, Nagasaka T, Tanaka K, Inoue Y, Kusunoki M, Boland CR, Goel A.
    Gut. 2015 Oct 15. pii: gutjnl-2015-309359. doi: 10.1136/gutjnl-2015-309359. [Epub ahead of print]
  6. Serum angiopoietin-like protein 2 as a potential biomarker for diagnosis, early recurrence and prognosis in gastric cancer patients.
    Toiyama Y, Tanaka K, Kitajima T, Shimura T, Imaoka H, Mori K, Okigami M, Yasuda H, Okugawa Y, Saigusa S, Ohi M, Inoue Y, Mohri Y, Goel A, Kusunoki M. Carcinogenesis. 2015 Dec;36(12):1474-83.
  7. Circulating microRNA-203 predicts metastases, early recurrence, and poor prognosis in human gastric cancer.
    Imaoka H, Toiyama Y, Okigami M, Yasuda H, Saigusa S, Ohi M, Tanaka K, Inoue Y, Mohri Y, Kusunoki M. Gastric Cancer. 2016 Jul;19(3):744-53.
  8. Systemic Analysis of Predictive Biomarkers for Recurrence in Colorectal Cancer Patients Treated with Curative Surgery.
    Mori K, Toiyama Y, Saigusa S, Fujikawa H, Hiro J, Kobayashi M, Ohi M, Araki T, Inoue Y, Tanaka K, Mohri Y, Kusunoki M.
    Dig Dis Sci. 2015 Aug;60(8):2477-87.
  9. RacGAP1 expression, increasing tumor malignant potential, as a predictive biomarker for lymph node metastasis and poor prognosis in colorectal cancer.
    Imaoka H, Toiyama Y, Saigusa S, Kawamura M, Kawamoto A, Okugawa Y, Hiro J, Tanaka K, Inoue Y, Mohri Y, Kusunoki M.
    Carcinogenesis. 2015 Mar;36(3):346-54.
  10. Angiopoietin-Like Protein 2 Acts as a Novel Biomarker for Diagnosis and Prognosis in Patients with Esophageal Cancer.
    Ide S, Toiyama Y, Shimura T, Kawamura M, Yasuda H, Saigusa S, Ohi M, Tanaka K, Mohri Y, Kusunoki M.
    Ann Surg Oncol. 2015 Aug;22(8):2585-92.