1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 基礎医学系講座/免疫学

講座・研究分野

基礎医学系講座

免疫学

Department of Immunology
  • TEL

    059-231-5225

  • FAX

    059-231-5225

  • URL

    -

  • Email

免疫学

免疫学は現代医学の発展に大きな役割を果たしていますが、依然として免疫反応の関与する難治性疾患は数多く存在します。私たちは肝硬変、肺線維症、腎糸球体硬化症などの臓器の線維化や、癌の治療耐性獲得に関わる免疫反応に注目し、疾患モデルマウスを用いて、これらの難治性疾患の新規治療の開発の基盤となるデータの蓄積および解析に取り組んでいます。

  • 教 授

    ガバザ エステバン

  • 講師

    戸田雅昭

  • 助教

    ダレッサンドロ コリナ
    安間太郎

  • 学部担当科目

    生体防御の分子機構・免疫不全と感染症・慢性炎症性肺疾患の病態・看護病態学・医学文献抄読・分子生命体科学・生命医科学の現代的課題・代謝内分泌

  • 附属病院診療科

    -

  • 居 室

    総合研究棟Ⅰ 3階

研究・教育内容

免疫は生体内に侵入する異物または細菌、真菌、原虫、ウイルスなどの病原微生物に対する認識・防御機構である。しかし、過剰な免疫反応および不適切な免疫反応は、気管支喘息やアレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患や、関節リウマチに代表される自己免疫疾患の発症につながる。これらの人体にとって不都合な免疫反応は炎症や線維化を伴い、線維化をきたした場合には不可逆的な臓器障害を残すことが多い。また、近年では癌の発生や治療耐性獲得にも免疫反応が大きく関わっていることが知られており、免疫反応機構を標的とした創薬が進んでいる。

当研究室では、
① 肺線維症、肝硬変、糖尿病腎症などの難治性疾患の発症機序の解明と新規治療法の開発
② 難治性疾患の病態形成における細菌叢の役割に関する研究
③ 上皮間葉移行の組織リモデリング・線維症への関与とその制御方法に関する検討
④ 癌の治療耐性獲得機序に関する研究
⑤ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の生体防御機能異常に関する研究
⑥ 肺高血圧症の発症機序および新規治療法の開発
⑦ アレルギー性疾患の発症機序に関する研究
に力を入れており、上記の研究内容に関連した基礎的技術、遺伝子操作技術、疾患モデル動物の作成および飼育法、細胞培養技術、分子生物学的手法、免疫学的解析法などについて実験実習を中心にして指導する。

また、本教室は三重大学難病研究センターにも所属しており、学内外の臨床および基礎医学教室との連携により、研究の成果を広く世界に発信し、様々な企業と連携することで、得られた成果を迅速に実臨床への応用につなげることを目指している。

画像1

研究業績

  1. Sequential Therapy with Crizotinib and Alectinib in ALK-Rearranged Non-Small Cell Lung Cancer-A Multicenter Retrospective Study.
    Ito K, Hataji O, Kobayashi H, Fujiwara A, Yoshida M, D'Alessandro-Gabazza CN, Itani H, Tanigawa M, Ikeda T, Fujiwara K, Fujimoto H, Kobayashi T, Gabazza EC, Taguchi O, Yamamoto N.
    J Thorac Oncol. 2016 Aug 4. pii: S1556-0864(16)30701-8. doi: 10.1016/j.jtho.2016.07.022
  2. Smart watch for monitoring physical activity in patients with chronic obstructive pulmonary disease.
    Hataji O, Kobayashi T, Gabazza EC.
    Respir Investig. 2016 Jul;54(4):294-5. doi: 10.1016/j.resinv.2016.01.003. No abstract available.
  3. Amelioration of Diabetes by Protein S.
    Yasuma T, Yano Y, D'Alessandro-Gabazza CN, Toda M, Gil-Bernabe P, Kobayashi T, Nishihama K, Hinneh JA, Mifuji-Moroka R, Roeen Z, Morser J, Cann I, Motoh I, Takei Y, Gabazza EC.
    Diabetes. 2016 Jul;65(7):1940-51. doi: 10.2337/db15-1404.
  4. "Pseudoprogression" of Pulmonary Pleomorphic Carcinoma during Nivolumab Therapy.
    Ito K, Hataji O, Katsuta K, Kobayashi T, Gabazza EC, Yatabe Y, Taguchi O, Yamamoto N.
    J Thorac Oncol. 2016 Oct;11(10):e117-9. doi: 10.1016/j.jtho.2016.05.002. No abstract available.
  5. Protein S is protective in pulmonary fibrosis.
    Urawa M, Kobayashi T, D'Alessandro-Gabazza CN, Fujimoto H, Toda M, Roeen Z, Hinneh JA, Yasuma T, Takei Y, Taguchi O, Gabazza EC.
    J Thromb Haemost. 2016 Aug;14(8):1588-99. doi: 10.1111/jth.13362.
  6. Circulating fibrocytes correlate with the asthma control test score.
    Kobayashi H, Naito M, Masuya M, Maruyama M, Urata K, Takahashi Y, Tomaru A, Fujiwara K, Ohnishi M, Takagi T, Kobayashi T, D'Alessandro-Gabazza C, Urawa M, Gabazza EC, Taguchi O, Takei Y.
    Allergol Immunopathol (Madr). 2016 May-Jun;44(3):191-6. doi: 10.1016/j.aller.2015.09.007.
  7. Amelioration of Atherosclerosis by the New Medicinal Mushroom Grifola gargal Singer.
    Harada E, D'Alessandro-Gabazza CN, Toda M, Morizono T, Chelakkot-Govindalayathil AL, Roeen Z, Urawa M, Yasuma T, Yano Y, Sumiya T, Gabazza EC.
    J Med Food. 2015 Aug;18(8):872-81. doi: 10.1089/jmf.2014.3315.
  8. Thrombomodulin inhibits the activation of eosinophils and mast cells.
    Roeen Z, Toda M, D'Alessandro-Gabazza CN, Onishi M, Kobayashi T, Yasuma T, Urawa M, Taguchi O, Gabazza EC.
    Cell Immunol. 2015 Jan;293(1):34-40. doi: 10.1016/j.cellimm.2014.11.005.
  9. Protein S exacerbates alcoholic hepatitis by stimulating liver natural killer T cells.
    Chelakkot-Govindalayathil AL, Mifuji-Moroka R, D'Alessandro-Gabazza CN, Toda M, Matsuda Y, Gil-Bernabe P, Roeen Z, Yasuma T, Yano Y, Gabazza EC, Iwasa M, Takei Y.
    J Thromb Haemost. 2015 Jan;13(1):142-54. doi: 10.1111/jth.12789.