数多くの疾患では生体の種々の反応により、その恒常性を維持しています。この反応の中で免疫反応は非常に重要であり、生体の恒常性のみならず、時として疾患をも引き起こすことが知られており、この機構の解明や調節を行うことが疾患の予防治療につながると考えられています。
当研究分野では免疫学を基に感染症、アレルギー性疾患、自己免疫性疾患を標的に先端技術・知識に基づくワクチン等による免疫反応の調節による疾患制御および病態解明を行っています。これらの研究は分子から生体まで広い視野で研究が行われ、マウスのみならず、我が国唯一の医科学研究用の霊長類を繁殖維持している霊長類医科学研究センター(つくば)の霊長類をも用いて先端研究を行っています。
また、当研究分野はスーパー特区「次世代ワクチンイノベーションプロジェクト」に選択され、参画しています。

教授
保富 康宏
学部担当科目
免疫学
病院内での診療科
-

研究・教育内容

ワクチン 種々のワクチンベクターを用い、新規ワクチンの開発を行っている。

1)経口ワクチン
経口感染をするE型肝炎ウイルス(HEV)のウイルス様中空粒子(Virus Like-Particle:VLP)を用い、VLPの表面に他のウイルス抗原を発現させたキメラVLPワクチン、およびVLP内にDNAワクチンを封入した経口DNAワクチンの研究を行っている。これらワクチンでは感染症のみならずサイトカインDNAワクチン、SOCS-DNAワクチンを感染症のみならずアレルギー性疾患モデルや自己免疫性疾患モデルでもワクチン効果を検討している。
2)経気道ワクチン
ヒトに気道感染を示すヒトパラインフルエンザ2型ウイルス(hPIV2)ベクター を用い、経気道ワクチンを検討している。結核菌、風疹、インフルエンザウイルス、エイズウイルス等の遺伝子を組み込んだものを作製している。
3)遺伝子組み込みBCGワクチン
ヒトで用いられているBCG東京株を用いてウイルス遺伝子や自己抗原遺伝子、SOCS分子等を組み込んだBCGのワクチン効果を研究している。

アレルギー性疾患および自己免疫疾患における免疫学的治療 抗酸菌分泌抗原Ag85BやサイトカインおよびサイトカインアンタゴニストDNAワクチンを用いて治療や病態解明を行っている。

1)アレルギー性喘息
アレルギー性喘息に対し、Ag85BやサイトカインアンタゴニストをDNAワクチンやhPIV2ワクチンを用いて遺伝子免疫療法の検討を行っている。Ag85Bに関してはリコンビナントタンパクも作製しており、その治療効果も検討している。
2)自己免疫性心筋炎
自己免疫性心筋炎モデルの作製およびその免疫学的治療を研究している。また、ヒトにおける拡張型心筋症(DCM)の免疫学的な病態の検討を行っている。
3)潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎モデルにおいてVLPを用いた経口ワクチンによる新規治療法を検討している。

研究業績

Copyright (C) 2011 Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.