研究は未知への挑戦です。答えのない問題を試行錯誤で解明していく地道な作業です。しかし、知的好奇心の旺盛な人にとっては、このような作業が「仕事」である科学者は天職ともいえます。当教室は様々な学部の出身者が自由な発想で研究しています。2006年12月より新体制となっており、若い力を募集しています。学部学生さんも研究室に出入りして実験しています。特に将来、研究者になることを目指している人を歓迎します。自分のアイデアを試したい、自分の仮説を証明してみたいという人、一度当教室に遊びに来てください。

教授
野阪 哲哉
准教授
鶴留 雅人
講師
河野 光雄
小埜 良一
学部担当科目
微生物学
居室
総合研究棟Ⅰ 3階

研究・教育内容

感染症制御医学・分子遺伝学分野は分子生物学・遺伝学的手法を用いて、ウイルス学、難治性白血病の研究を行っています。独自の遺伝子改変マウスを用いた白血病幹細胞生成の分子機構、バイオベンチャーとの共同での遺伝子組換えワクチン開発、ヒトパラインフルエンザ2型ウイルス(PIV2)に関する基礎研究と応用研究が主なテーマです。
具体的には、下記の研究を行っています。

  1. MLLキメラ遺伝子がいかにして白血病幹細胞を生み出すのか(小埜、野阪)
  2. パラミクソウイルスの膜融合蛋白と受容体結合蛋白の相互作用・構造変化により誘導される膜融合の分子機構(鶴留)
  3. 細胞質型RNAベクターを用いた遺伝子組換えワクチン開発(河野、福村、野阪)
  4. PIV2ベクターを用いた粘膜免疫療法(河野)
  5. レトロウイルスを用いた遺伝子発現クローニング(野阪)


11q23転座型白血病の分子基盤


  • パラミクソウイルスの膜融合蛋白(F)と
    受容体結合蛋白(HN)による膜融合の誘導

  • パラインフルエンザ2型ウイルス粒子

  • rPIV2(EGFP)経鼻投与によるハムスターにおけるEGFP発現: 1) 気道粘膜遺伝子導入用ウイルスベクターとしての安全性・安定性ならびに外来遺伝子の高い発現性を確認→高い有用性

  • 2) EGFPを挿入したPIV2[5x105(TCID50)]経鼻投与によるハムスターの気道におけるEGFPの発現

研究業績

  • (1)Vero/BC-F: an efficient packaging cell line stably expressing F protein to generate single round-infectious human parainfluenza virus type 2 vector. Ohtsuka J, Fukumura M, Tsurudome M, Hara K, Nishio M, Kawano M, Nosaka T. Gene Ther 21:775-784, 2014.
  • (2)Human Parainfluenza virus type 2 vector induces dendritic cell maturation without viral RNA replication/transcription. Hara K, Fukumura M, Ohtsuka J, Kawano M, Nosaka T. Hum Gene Ther 24: 683-691, 2013.
  • (3)Plzf drives MLL-fusion-mediated leukemogenesis specifically in long term hematopoietic stem cells. Ono R, Masuya M, Nakajima H, Enomoto Y, Miyata E, Nakamura A, Ishii S, Suzuki K, Shibata-Minoshima F, Katayama N, Kitamura T, Nosaka T. Blood 122: 1271-1283, 2013.
  • (4)Full conversion of the hemagglutinin-neuraminidase specificity of the parainfluenza virus 5 fusion protein by replacement of 21 amino acids in its head region with those of the simian virus 41 fusion protein. Tsurudome M, Nakahashi M, Matsushima Y,Ito M, Nishio M, Kawano M, Komada H, Nosaka T. J Virol 87: 8342-8350, 2013.
  • (5)Mixed-lineage-leukemia (MLL) fusion protein collaborates with Ras to induce acute leukemia through aberrant Hox expression and Raf activation. Ono R, Kumagai H, Nakajima H, Hishiya A, Taki T, Horikawa K, Takatsu K, Satoh T, Hayashi Y, Kitamura T, Nosaka T. Leukemia 23: 2197-2209, 2009.
  • (6)Dimerization of MLL fusion proteins and FLT3 activation synergize to induce multiple lineage leukemogenesis. Ono R, Nakajima H, Ozaki K, Kumagai H, Kawashima T, Taki T, Kitamura T, Hayashi Y, Nosaka T. J Clin Invest 115: 919-929, 2005.
  • (7)Infertility with defective spermiogenesis in mice lacking AF5q31, the target of chromosomal translocation in human infant leukemia. Urano A, Endoh M, Wada T, Morikawa Y, Itoh M, Kataoka Y, Taki T, Akazawa H, Nakajima H, Komuro I, Yoshida N, Hayashi Y, Handa H, Kitamura T, Nosaka T. Mol Cell Biol 25: 6834-6845, 2005.
  • (8)Mammalian Twisted gastrulation is essential for skeleto-lymphogenesis. Nosaka T, Morita S, Kitamura H, Nakajima H, Shibata F, Morikawa Y, Kataoka Y, Ebihara Y, Kawashima T, Itoh T, Ozaki K, Senba E, Tsuji K, Makishima F, Yoshida N, Kitamura T. Mol Cell Biol 23: 2969-2980, 2003.
Copyright (C) 2011 Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.