1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 臨床医学系講座/循環器・腎臓内科学

講座・研究分野

臨床医学系講座

循環器・腎臓内科学

Department of Cardiology and Nephrology
  • TEL

    059-231-5015

  • FAX

    059-231-5201

伊藤教授の写真

わが国においても、飽食、高齢化の時代を迎え、メタボリック症候群、糖尿病、高血圧などに起因した動脈硬化性疾患や慢性腎疾患が急増しております。本講座では、動脈硬化に基づく虚血性心疾患、末梢性動脈疾患、大動脈疾患に限らず、心不全、不整脈、肺循環障害といった循環器疾患、腎炎、腎症といった腎疾患を克服するために、基礎的な分子生物学的研究から臨床治療に至るまで幅広い研究に取り組んでおります。多くの仲間と熱く議論しかつ楽しみながら、未だ明らかにされていない真実を解明していきたいと考えております。

  • 教 授

    伊藤正明

  • 准教授

    山田典一

  • 講 師

    藤井英太郎、土肥 薫

  • 学部担当科目

    循環器内科学、腎臓内科学

  • 附属病院診療科

    循環器内科、腎臓内科

  • 居 室

    病態医科学研究棟 5階

研究・教育内容

主な研究は、循環器内科領域の基礎研究として、動脈硬化や高血圧などの分子病態の解明や心血管病治療薬の新しい作用機序の解明を目指した研究、疾患特異的iPS細胞の作製と心血管細胞への分化誘導による新しい治療標的の探索、臨床研究として、慢性心不全の心血行動態解析と新規治療法の確立、高血圧症に関する疫学研究や介入試験、血管内画像診断を用いた虚血性心疾患の臨床研究、心房細動のリモデリングに関する電気生理学的機序の解明と新規治療法の確立、虚血性心疾患,心筋症患者における心臓MRIを用いた病態解明,予後評価,疫学研究、肺循環障害(肺高血圧症,肺塞栓症)の病態解明と新規治療法の開発です。

腎臓内科領域では、遺伝性糸球体腎炎の診断と治療法の確立、慢性腎疾患の治療とマネージメント、透析患者における合併症の予防です。

基礎分野から臨床分野まで様々な研究カリキュラムを用意しております。各研究について,指導医がその研究背景,仮説,実験・研究手技から結果の解析・考察を指導し,日本の主要学会ならびに国際学会で発表したうえで、国際一流ジャーナルに掲載されるまで一貫した指導を行います。当講座の大学院生は、アメリカ心臓病学会(AHA)、欧州心臓病学会(ESC)など重要な国際学会でその成果を発表し、世界中の研究者達と議論を重ねております。また、大学院在籍中に専門医の資格を取得できますし、大学院卒業後は海外留学することも可能です。

チャレンジ精神に満ち、アイデアの豊富な若い先生方の参加をお待ちしています。

径カテーテル大動脈弁留置術
径カテーテル大動脈弁留置術

CARTO® univu を用いたカテーテルアブレーション
CARTO® univu を用いたカテーテルアブレーション

腎炎の組織診断
腎炎の組織診断

集合写真
集合写真

研究業績

  1. COL4A6 is dispensable for autosomal recessive Alport syndrome.
    Murata T, Katayama K, Oohashi T, Jahnukainen T, Yonezawa T, Sado Y, Ishikawa E, Nomura S, Tryggvason K, Ito M. Sci Rep. 2016 Jul 5;6:29450.
  2. Chronic Inflammatory Disease Is an Independent Risk Factor for Coronary Flow Velocity Reserve Impairment Unrelated to the Processes of Coronary Artery Calcium Deposition.
    Kakuta K, Dohi K, Sato Y, Yamanaka T, Kawamura M, Ogura T, Nakamori S, Fujimoto N, Fujii E, Yamada N, Ito M. J Am Soc Echocardiogr. 2016 Feb;29(2):173-80.
  3. Detrimental Impact of Vasopressin V2 Receptor Antagonism in a SU5416/Hypoxia/Normoxia-Exposed Rat Model of Pulmonary Arterial Hypertension.
    Goto I, Dohi K, Ogihara Y, Okamoto R, Yamada N, Mitani Y, Ito M. Circ J. 2016;80(4):989-97.
  4. Efficacy and safety of edoxaban for treatment of venous thromboembolism: a subanalysis of East Asian patients in the Hokusai-VTE trial.
    Nakamura M, Wang YQ, Wang C, Oh D, Yin WH, Kimura T, Miyazaki K, Abe K, Mercuri M, Lee LH, Segers A, Büller H. J Thromb Haemost. 2015 Sep;13(9):1606-14.
  5. Diuretic effects of sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor in patients with type 2 diabetes mellitus and heart failure.
    Takeuchi T, Dohi K, Omori T, Moriwaki K, Sato Y, Nakamori S, Fujimoto N, Fujii E, Yamada N, Ito M.
    Int J Cardiol. 2015 Dec 15;201:1-3.
  6. Detection of coronary artery disease using coronary flow velocity reserve by transthoracic Doppler echocardiography versus multidetector computed tomography coronary angiography: influence of calcium score.
    Kakuta K, Dohi K, Yamada T, Yamanaka T, Kawamura M, Nakamori S, Nakajima H, Tanigawa T, Onishi K, Yamada N, Nakamura M, Ito M. J Am Soc Echocardiogr. 2014 Jul;27(7):775-85.
  7. Early and long-term outcomes of venous stent implantation for iliac venous stenosis after catheter-directed thrombolysis for acute deep vein thrombosis.
    Matsuda A, Yamada N, Ogihara Y, Tsuji A, Ota S, Ishikura K, Nakamura M, Ito M.
    Circ J. 2014;78(5):1234-9.
  8. Hemodynamic responses to rapid saline loading: the impact of age, sex, and heart failure.
    Fujimoto N, Borlaug BA, Lewis GD, Hastings JL, Shafer KM, Bhella PS, Carrick-Ranson G, Levine BD.
    Circulation. 2013 Jan 1;127(1):55-62.
  9. Cardiovascular effects of 1 year of alagebrium and endurance exercise training in healthy older individuals.
    Fujimoto N, Hastings JL, Carrick-Ranson G, Shafer KM, Shibata S, Bhella PS, Abdullah SM, Barkley KW, Adams-Huet B, Boyd KN, Livingston SA, Palmer D, Levine BD. Circ Heart Fail. 2013 Nov;6(6):1155-64.
  10. Interrelationship between haemodynamic state and serum intact parathyroid hormone levels in patients with chronic heart failure.
    Sugimoto T, Dohi K, Onishi K, Watanabe K, Sato Y, Sugiura E, Nakamori S, Nakajima H, Nakamura M, Ito M. Heart. 2013 Jan;99(2):111-5.