当講座は昭和26年の開講以来、血液学領域を主体に診療と研究を続けていますが、学問的、社会的ニーズが急速に高まりつつある腫瘍内科学を早期に取り入れ、造血器腫瘍に加えて、乳癌、消化器癌、原発不明癌などに対するがん薬物療法と臨床研究に取り組み、関連施設との連携を密にし、三重県のがん診療レベルの発展と普及に努めています。血液内科の診療体制は充実しており、白血病やリンパ腫などの造血器腫瘍、血栓・止血異常、造血障害に対する診療と造血幹細胞移植を含めた標準的治療法の実施および新しい治療法の確立を目指した臨床研究を行っています。

教授
片山 直之
准教授
桝屋 正浩
講師
山口 素子
水野 聡朗
学部担当科目
血液病学・臨床腫瘍学
附属病院診療科名
血液内科・腫瘍内科
居室
総合研究棟Ⅰ 3階
病態医科学研究棟 5階

研究・教育内容

造血器疾患および固形腫瘍の病態解明と新規治療法の開発を目的に下記の研究を行っています。

(1)造血幹細胞の増殖と分化の細胞生物学的解析、血液細胞の可塑性に関する解析、
   白血病の発症メカニズムの解析、白血病細胞の細胞生物学的解析を行う。
(2)悪性リンパ腫の細胞表面形質や遺伝子発現プロファイルを解析して疾患の亜群を分類し,
   予後判定と治療の層別化を計る。
(3)血液疾患患者に発生する各種感染症の遺伝子解析による早期診断法を確立する。
(4)乳癌を中心とした固形腫瘍に対する分子標的療法などに伴う細胞性ならびに
   液性腫瘍免疫応答を解析する。
(5)乳癌など固形腫瘍の予後・効果予測因子の解析を行う。
(6)標準的治療のない癌腫に対する新規治療法開発のための臨床研究を行う。
(7)化学療法に伴う副作用(発熱性好中球減少など)の評価・対策についての臨床研究を行う。

上記の研究内容に関連して,細胞培養法,細胞表面抗原の免疫学的解析,造血・リンパ系組織の免疫組織学的解析,遺伝子発現・遺伝子配列・遺伝子導入などの遺伝子操作技術などの基礎的実験手技と医療統計学を指導します。また、EBMに基づいて、標準的薬物療法を実践しながら、治療効果、副作用、その評価法など一般的なマネージメントを指導し、血液専門医、がん薬物療法専門医の養成を目指します。


34例の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)患者検体を用いた遺伝子プロファイリングの結果から、
肝脾γδTCLはPTCLの中で独自の疾患であることが示された。


四塩化炭素による肝障害マウスモデルの解析から、
造血幹細胞に由来する肝星細胞の存在が明らかとなった。


集合写真

研究業績

  • (1)Miyazaki K, Yamaguchi M, Imai H, Kobayashi T, Tamaru S, Nishii K, Yuda M, Shiku H, Katayama N. Gene expression profiling of peripheral T-cell lymphoma including gd T-cell lymphoma. Blood.2009;113(5):1071-4.
  • (2)Miyata E, Masuya M, Yoshida S, Nakamura S, Kato K, Sugimoto Y, Shibasaki T, Yamamura K, Ohishi K, Nishii K, Ishikawa F, Shiku H, Katayama N. Hematopoietic origin of hepatic stellate cells in the adult liver. Blood. 2008;111(4):2427-35.
  • (3)Yamamura K, Ohishi K, Masuya M, Miyata E, Sugimoto Y, Nakamura S, Fujieda A, Araki H, Katayama N. Ex vivo culture of human cord blood hematopoietic stem/progenitor cells adversely influences their distribution to other bone marrow compartments after intra-bone marrow transplantation. Stem Cells. 2008;26(2):543-9.
  • (4) Nakase K, Kita K, Miwa H, Nishii K, Shikami M, Tanaka I, Tsutani H, Ueda T, Nasu K, Kyo T, Dohy H, Shiku H, Katayama N. Clinical and prognostic significance of cytokine receptor expression in adult acute lymphoblastic leukemia: interleukin-2 receptor a-chain predicts a poor prognosis.
    Leukemia. 2007;21(2):326-32.
  • (5)Miyazaki K, Yamaguchi M, Suguro M, Choi W, Ji Y, Xiao L, Zhang W, Ogawa S, Katayama N, Shiku H, Kobayashi T. Gene expression profiling of diffuse large B-cell lymphoma supervised by CD21 expression. Br J Haematol. 2008;142(4):562-70.
  • (6)Sugimoto Y, Katayama N, Masuya M, Miyata E, Ueno M, Ohishi K, Nishii K, Takakura N, Shiku H. Differential cell division history between neutrophils and macrophages in their development from granulocyte-macrophage progenitors. Br J Haematol. 2006;135(5):725-31.
  • (7)Liu B, Ohishi K, Yamamura K, Suzuki K, Monma F, Ino K, Masuya M, Sekine T, Heike Y, Takaue Y, Katayama N.
    A potential activity of valproic acid in the stimulation of interleukin-3-mediated megakaryopoiesis and erythropoiesis.
    Exp Hematol. 2010;38(8):685-95.
  • (8)Monma F, Nishii K, Shiga J, Sugahara H, Lorenzo F 5th, Watanabe Y, Kawakami K, Hosokai N, Yamamori S, Katayama N, Shiku H. Detection of CBFB/MYH11 fusion gene in de novo acute myeloid leukemia (AML): A single-institution study of 224 Japanese AML patients. Leuk Res. 2007;31(4):471-6.
  • (9)Yamamura K, Ohishi K, Katayama N, Kato K, Shibasaki T, Sugimoto Y, Miyata E, Shiku H, Masuya M, Nishioka J, Nobori T, Nishikawa M, Inagaki Y, Hiramatsu H, Nakahata T. Notch ligand Delta-1 differentially modulates the effects of gp130 activation on interleukin-6 receptor a-positive and –negative human hematopoietic progenitors. Cancer Sci. 2007;98(10):1597-603.
  • (10)Hoshino N, Katayama N, Shibasaki T, Ohishi K, Nishioka J, Masuya M, Miyahara Y, Hayashida M, Shimomura D, Kato T, Nakatani K, Nishii K, Kuribayashi K, Nobori T, Shiku H. A novel role for Notch ligand Delta-1 as a regulator of human Langerhans cell development from blood monocytes. J Leukoc Biol. 2005;78(4):921-9.
Copyright (C) 2011 Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.