1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 臨床医学系講座/血液・腫瘍内科学

講座・研究分野

臨床医学系講座

血液・腫瘍内科学

Department of Hematology and Oncology
  • TEL

    059-231-5016

  • FAX

    059-231-5200

血液・腫瘍内科学

当講座は昭和26年の開講以来、血液学領域を主体に診療と研究を続けていますが、学問的、社会的ニーズが急速に高まりつつある腫瘍内科学を早期に取り入れ、造血器腫瘍に加えて、乳癌、消化器癌、原発不明癌などに対するがん薬物療法と臨床研究に取り組み、関連施設との連携を密にし、三重県のがん診療レベルの発展と普及に努めています。血液内科の診療体制は充実しており、白血病やリンパ腫などの造血器腫瘍、血栓・止血異常、造血障害に対する診療と造血幹細胞移植を含めた標準的治療法の実施および新しい治療法の確立を目指した臨床研究を行っています。

  • 教 授

    片山直之

  • 准教授

    桝屋正浩

  • 学内講師

    山口素子

  • 学内講師

    水野聡朗

  • 学部担当科目

    血液病学・臨床腫瘍学

  • 附属病院診療科

    血液内科・腫瘍内科

  • 居 室

    総合研究棟Ⅰ 3階
    病態医科学研究棟 5階

研究・教育内容

造血器疾患および固形腫瘍の病態解明と新規治療法の開発を目的に下記の研究を行っています。

  1. 造血幹細胞の増殖と分化の細胞生物学的解析、血液細胞の可塑性に関する解析、白血病の発症メカニズムの解析、白血病細胞の細胞生物学的解析を行う。
  2. 悪性リンパ腫の細胞表面形質や遺伝子発現プロファイルを解析して疾患の亜群を分類し,予後判定と治療の層別化を計る。
  3. 血液疾患患者に発生する各種感染症の遺伝子解析による早期診断法を確立する。
  4. 乳癌を中心とした固形腫瘍に対する分子標的療法などに伴う細胞性ならびに液性腫瘍免疫応答を解析する。
  5. 乳癌など固形腫瘍の予後・効果予測因子の解析を行う。
  6. 標準的治療のない癌腫に対する新規治療法開発のための臨床研究を行う。
  7. 化学療法に伴う副作用(発熱性好中球減少など)の評価・対策についての臨床研究を行う。

上記の研究内容に関連して,細胞培養法,細胞表面抗原の免疫学的解析,造血・リンパ系組織の免疫組織学的解析,遺伝子発現・遺伝子配列・遺伝子導入などの遺伝子操作技術などの基礎的実験手技と医療統計学を指導します。また、EBMに基づいて、標準的薬物療法を実践しながら、治療効果、副作用、その評価法など一般的なマネージメントを指導し、血液専門医、がん薬物療法専門医の養成を目指します。

画像1
34例の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)患者検体を用いた遺伝子プロファイリングの結果から、
肝脾γδTCLはPTCLの中で独自の疾患であることが示された。

画像2
四塩化炭素による肝障害マウスモデルの解析から、造血幹細胞に由来する肝星細胞の存在が明らかとなった。

画像3
医局員集合写真

研究業績

  1. The valuable diagnosis of DIC and pre-DIC and prediction of a poor outcome by the evaluation of diagnostic criteria for DIC in patients with hematopoietic injury established by the Japanese Society of Thrombosis and Hemostasis.
    Aota T, Wada H, Fujimoto N, Sugimoto K, Yamashita Y, Matsumoto T, Ohishi K, Suzuki K, Imai H, Kawasugi K, Madoiwa S, Asakura H, Katayama N. Thromb Res. 2016 Nov;147:80-84.
  2. Human Equilibrative Nucleoside Transporter 1 Expression in Endoscopic Ultrasonography-Guided Fine-Needle Aspiration Biopsy Samples Is a Strong Predictor of Clinical Response and Survival in the Patients With Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Undergoing Gemcitabine-Based Chemoradiotherapy.
    Yamada R, Mizuno S, Uchida K, Yoneda M, Kanayama K, Inoue H, Murata Y, Kuriyama N, Kishiwada M, Usui M, Ii N, Tsuboi J, Tano S, Hamada Y, Tanaka K, Horiki N, Ogura T, Shiraishi T, Takei Y, Katayama N, Isaji S.
    Pancreas. 2016 May-Jun;45(5):761-71.
  3. Plasma ADAMTS13, von Willebrand Factor (VWF), and VWF Propeptide Profiles in Patients With Connective Tissue Diseases and Antiphospholipid Syndrome.
    Habe K, Wada H, Matsumoto T, Ohishi K, Ikejiri M, Tsuda K, Kondo M, Kamimoto Y, Ikeda T, Katayama N, Mizutani H.
    Clin Appl Thromb Hemost. 2016 Jan 11.
  4. Prognostic Relevance of Cytokine Receptor Expression in Acute Myeloid Leukemia: Interleukin-2 Receptor α-Chain (CD25) Expression Predicts a Poor Prognosis.
    Nakase K, Kita K, Kyo T, Ueda T, Tanaka I, Katayama N.
    PLoS One. 2015 Sep 16;10(9)
  5. Adoptive Transfer of MAGE-A4 T-cell Receptor Gene-Transduced Lymphocytes in Patients with Recurrent Esophageal Cancer.
    Kageyama S, Ikeda H, Miyahara Y, Imai N, Ishihara M, Saito K, Sugino S, Ueda S, Ishikawa T, Kokura S, Naota H, Ohishi K, Shiraishi T, Inoue N, Tanabe M, Kidokoro T, Yoshioka H, Tomura D, Nukaya I, Mineno J, Takesako K, Katayama N, Shiku H.
    Clin Cancer Res. 2015 May 15;21(10):2268-77.
  6. Interleukin-17 induces an atypical M2-like macrophage subpopulation that regulates intestinal inflammation.
    Nishikawa K, Seo N, Torii M, Ma N, Muraoka D, Tawara I, Masuya M, Tanaka K, Takei Y, Shiku H, Katayama N, Kato T.
    PLoS One. 2014 Sep 25;9(9)
  7. Prognostic biomarkers in patients with localized natural killer/T-cell lymphoma treated with concurrent chemoradiotherapy.
    Yamaguchi M, Takata K, Yoshino T, Ishizuka N, Oguchi M, Kobayashi Y, Isobe Y, Ishizawa K, Kubota N, Itoh K, Usui N, Miyazaki K, Wasada I, Nakamura S, Matsuno Y, Oshimi K, Kinoshita T, Tsukasaki K, Tobinai K.
    Cancer Sci. 2014 Nov;105(11):1435-41.
  8. Monocytes infiltrate the pancreas via the MCP-1/CCR2 pathway and differentiate into stellate cells.
    Ino K, Masuya M, Tawara I, Miyata E, Oda K, Nakamori Y, Suzuki K, Ohishi K, Katayama N.
    PLoS One. 2014 Jan 8;9(1)
  9. Elevated plasma levels of soluble platelet glycoprotein VI (GPVI) in patients with thrombotic microangiopathy.
    Yamashita Y, Naitoh K, Wada H, Ikejiri M, Mastumoto T, Ohishi K, Hosaka Y, Nishikawa M, Katayama N.
    Thromb Res. 2014 Mar;133(3):440-4.
  10. Plzf drives MLL-fusion-mediated leukemogenesis specifically in long-term hematopoietic stem cells.
    Ono R, Masuya M, Nakajima H, Enomoto Y, Miyata E, Nakamura A, Ishii S, Suzuki K, Shibata-Minoshima F, Katayama N, Kitamura T, Nosaka T.
    Blood. 2013 Aug 15;122(7):1271-83