1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 臨床医学系講座/神経病態内科学

講座・研究分野

臨床医学系講座

神経病態内科学

Department of Neurology
  • TEL

    059-231-5107

  • FAX

    059-231-5082

神経病態内科学

“治す神経内科” 神経内科は脳卒中・認知症などのいわゆるCommon disease、神経難病を二本柱とし、内科疾患の神経合併症まで含む、間口の広い専門診療科です。特に人口の高齢化にともなって脳卒中や認知症の患者数は激増しており、その対策が社会的にも喫緊の課題となっています。
当講座はこれらの問題に対処すべく、神経疾患に対する幅広い造詣をもつ神経内科専門医の育成し、新しい診断・治療ツールの開発を行っています。以上の活動を通して患者さんのベネフィットにつながる診療を目指しています。

  • 教 授

    冨本秀和

  • 講 師

    谷口 彰

  • 講 師

    伊井裕一郎

  • 学部担当科目

    臨床神経学

  • 附属病院診療科

    神経内科

  • 居 室

    先端医科学教育研究棟 3階

研究・教育内容

当講座は、認知症医療学講座や当講座附設の脳循環研究推進プロジェクト研究室と連携して活動を行っています。

脳卒中の臨床研究

脳卒中は日本人の国民病であり、寝たきりの原因の4割、要介護要因の3割といずれも第一位を占めています。脳卒中や認知症の神経画像研究、CAS技術開発(脳外科と共同)、脳卒中連携ツールの開発を行っています。

慢性脳虚血の病態解明

高磁場MRIを用いた新しい画像診断技術の開発、慢性脳低灌流モデルや二光子レーザー顕微鏡による脳循環研究(脳循環研究推進プロジェクト研究室)、認知症の病態解明(認知症医療学講座と連携)など様々な事業を展開しています。

神経変性疾患の病態解明

プロテオーム解析による神経変性疾患のバイオマーカー開発や神経病理学的研究を行っています。

脳小血管病変の高磁場MRIによる解析

高次場MRIを活用して脳の微小血管病変の画像化に成功しています。脳アミロイド血管症による脳出血や認知症の予防を目指しています。

神経難病医療支援

神経難病の多職種連携、患者・家族支援について諸問題を明らかにし解決を図っています。

画像1
慢性脳低灌流モデルの二光子レーザー顕微鏡による解析

画像2
脳小血管病の高磁場MRIによる解析
(MBs, 微小出血;CMI, 皮質微小梗塞)

研究業績

  1. Shindo A, Liang AC, Maki T, Miyamoto N, Tomimoto H, Lo EH, Arai K.
    Subcortical ischemic vascular disease: roles of oligodendrocyte function in experimental models of subcortical white-matter injury. 
    J Cereb Blood Flow Metab. 2016;36(1):187-98
  2. Shindo A, Maki T, Mandeville ET, Liang AC, Egawa N, Itoh K, Itoh N, Borlongan M, Holder JC, Chuang TT, McNeish JD, Tomimoto H, Lok J, Lo EH, Arai K.
    Astrocyte-Derived Pentraxin 3 Supports Blood–Brain Barrier Integrity Under Acute Phase of Stroke
    Stroke. 2016 Apr;47(4):1094-100
  3. Ishikawa H, Kawada N, Taniguchi A, Odachi K, Mizutani A, Asahi M, Tomimoto H.
    Paraneoplastic neurological syndrome due to burned-out testicular tumor showing hot cross-bun sign.
    Acta Neurol Scand. 2016 ;133(5):398-402
  4. Tomimoto H.
    White matter integrity and cognitive dysfunction; radiological and neuropsychological correlations.
    Geriatrics & Gerontology International.2015;15(Suppl.1)3-9
  5. Matsuura K, Maeda M,Okamoto K Araki T , Miura Y, Hamada K, Kanamaru K, Tomimoto H.
    Usefulness of arterial spin-labeling images in periictal state diagnosis of epilepsy
    J Neurol Sci. 2015 ;359(1-2):424-9
  6. Yata K, Nishimura Y, Unekawa M, Tomita Y, Suzuki N, Tanaka T, Mizoguchi A, Tomimoto H. In vivo imaging of the mouse neurovascular unit under chronic cerebral hypoperfusion.
    Stroke. 2014;45(12):3698-703.
  7. Tomimoto H , Wakita H. Animal models of vascular dementia: translational potential at the present time and in 2050'.
    Future Neurology.2014;9(2):163-172.
  8. Shindo A, Tanemura H, Yata K, Hamada K, Shibata M, Umeda Y, Asakura F, Toma N, Sakaida H, Fujisawa T, Taki W, Tomimoto H. Inflammatory Biomarkers in Atherosclerosis: Pentraxin 3 Can Become a Novel Marker of Plaque Vulnerability.
    PLoS One. 2014;9(6):e100045.
  9. Yata K, Tomimoto H. Chronic cerebral hypoperfusion and dementia
    Neurology and Clinical Neuroscience.2014;2(5):129-134.
  10. Ii Y, Maeda M, Kida H, Matsuo K, Shindo A, Taniguchi A, Tomimoto H. In vivo detection of cortical microinfarcts on high-field MRI.
    J Neuroimaging.2013;23:28-32.