1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 基盤看護学領域/看護管理学

講座・研究分野

基盤看護学領域

看護管理学

Nursing Administration
  • TEL

    059-231-5235

  • FAX

    059-231-5235

  • URL

    -

  • Email

看護教育学

 看護管理学では、看護学を基盤に心理学・教育学などを看護管理に応用・適用するとともに,「看護管理」に関わる独自の知識を探求します. さらに, 科学的根拠に基づいた看護・医療マネジメントが実践できる看護管理者の養成, そして看護管理・政策に関する研究を行い, 保健医療の現場, 社会への貢献を目指しています.

  • 准教授

    宮田千春

  • 学部担当科目

    看護管理学特論、看護管理学演習Ⅰ、看護管理学演習Ⅱ、看護政策論、国際比較看護論

  • 居 室

    新医学棟

研究・教育内容

 看護職のモチベーション向上やストレスマネジメント, 看護職の専門職性を高めるための組織のあり方など看護管理の発展に向けた研究課題を追求しています. また,博士前期課程「看護管理学分野」修了後は, 日本看護協会による「認定看護管理者認定審査」の受験資格が得られます.(詳細は日本看護協会HPをご参照ください)
現在の研究課題
  • 退院支援看護師の職務行動遂行能力に影響する要因の検討
  • 短時間勤務看護師の専門職性に関する研究
  • 産科混合病棟における看護師長の部署運営
  • 介護老人保健施設の看護職の専門職性を高めるための組織のあり方
研究内容キーワード
  • 看護職のキャリア発達支援
  • ストレスマネジメント
  • 組織コミットメント
  • 画像1
    ゼミの様子
  • 画像2
    国際学会

研究業績

  1. Chiharu Miyata, Hidenori Arai. The Relationship between Characteristics of Nurses and Organizational Commitment of Nurses in Geriatric Health Services Facility in Japan.三重看護学会誌, 21,15-22,2019.
  2. Masaki Kitajima, Chiharu Miyata., Ayae Kinoshita, Hidenori Arai. Job satisfaction in certified nurse specialists and certified nurses in cancer care in Japan. Clinical-practice.2018;15(SII):977-990
  3. Masaki Kitajima, Chiharu Miyata, Ayae Kinoshita, Hidenori Arai. Inhibitory factors and problems associated with uniform access to cancer care: Perceptions of certified nurse specialists in cancer nursing, Journal of Nursing Education and Practice.2018;8(10):115-129.
  4. Chiharu Miyata, Hidenori Arai. Role expectation of nurse managers in geriatric health services facilities. Advances in Aging Research 2016.5:122-130
  5. Chiharu Miyata, Hidenori Arai. Professionalism of nurses working in geriatric intermediate care facilities: An Analysis Using Semi-Structured Interviews. The Journal of Nursing & Healthcare 2016;1(1):1-4.
  6. Chiharu Miyata, Hidenori Arai, Sawako Suga. Characteristics of the Nurse Manager’s Recognition Behavior and its Relation to Sense of Coherence of Staff Nurses in Japan. Collegian2015;22(1):9-17.