1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 看護学専攻博士後期課程/実践基礎看護学分野

講座・研究分野

看護学専攻博士後期課程

実践基礎看護学分野

Fundamental Nursing
  • TEL

    059-231-5093

  • FAX

    059-231-5093

  • URL

    -

  • Email

実践基礎看護学分野

生活環境汚染その他による健康課題に関する研究の動向と課題を分析し、疾病の病態・機能・評価・治療・リハビリテーションその他の支援等に関してのエビデンス構築を試みる研究等を行っている。

  • 教 授

    成田有吾

  • 教 授

    今井奈妙

  • 担当科目

    高度実践基礎看護学特論・高度実践基礎看護学演習・看護学研究方法論・後期看護学特別研究

  • 居 室

    -

研究・教育内容

高度実践基礎看護学特論

成人期の神経疾患一般、神経難病、脳血管障害、内科疾患につき、病態、機能評価、生理学的評価方法、薬物治療、記録、緩和ケア、制度、コミュニケーションIT機器支援について概説する。(成田)

新規環境病(化学物質過敏症,電磁過敏症など)患者への支援活動を通した教育-研究-実践という円環的な看護学の展開から、看護支援に関する理論構築の方法について概説する。(今井)

整形外科疾患により生じた運動機能障害に対するリハビリテーション看護として、健康課題をもつ患者および家族に対し、看護支援の開発、システム構築の観点から研究方法を概説する。(福録)

高度実践基礎看護学演習

成人神経機能評価、神経生理学的評価方法、薬物治療、記録、緩和ケア、コミュニケーションIT機器支援の実際を演習し、フィールドワークを通してそれらの実践と研究の成果を普及する能力を養う。看護相談室におけるフィールドワークを通して、理論検証の実際を演習することにより、教育-研究-実践をつなぐ看護研究のプロポーザルの作成方法を修得する。運動機能障害を有する患者のADLや、家族を含めたQOLの向上を図るため、フィールドワークを通してリハビリテーション看護実践の開発について検証する。

画像1
Fig.1  新規環境病看護相談室をフィールドにした研究活動

研究業績

  1. Does infrared visualization improve selection of venipuncture sites for indwelling needle at the forearm in second-year nursing students?
    Fukuroku K, Narita Y, Taneda Y, Kobayashi S, Gayle AA. Nurse Educ Pract. 2016 May;18:1-9. doi: 10.1016/j.nepr.2016.02.005. Epub 2016 Feb 18.
  2. Global aphasia without hemiparesis: the underlying mechanism examined by transcranial magnetic stimulation.
    Shindo A, Satoh M, Naito Y, Asahi M, Takashima S, Sasaki R, Furukawa K, Narita Y, Kuzuhara S, Tomimoto H. Neurologist. 2013 Jan;19(1):11-4. doi: 10.1097/NRL.0b013e31827c6b95.
  3. Health-related quality of life among community-dwelling patients with intractable neurological diseases and their caregivers in Japan.
    Miyashita M, Narita Y, Sakamoto A, Kawada N, Akiyama M, Kayama M, Suzukamo Y, Fukuhara S. Psychiatry Clin Neurosci. 2011 Feb;65(1):30-8. doi: 10.1111/j.1440-1819.2010.02155.x. Epub 2010 Nov 24.
  4. Necessity of Counseling Institutions for Sick Building Syndrome Patients, Sick Building syndrome in Public Buildings and Workplaces, Nami Imai & Yoshiharu Imai, 261-267, 2011, Springer.
  5. Moral distress experienced by psychiatric nurses in Japan.
    Ohnishi K, Ohgushi Y, Nakano M, Fujii H, Tanaka H, Kitaoka K, Nakahara J, Narita Y. Nurs Ethics. 2010 Nov;17(6):726-40. doi: 10.1177/0969733010379178.
  6. Higher-dose glutathione therapy for Parkinson's disease in Japan: is it really safe?
    Naito Y, Matsuo K, Kokubo Y, Narita Y, Tomimoto H. Mov Disord. 2010 May 15;25(7):962; author reply 962-3. doi: 10.1002/mds.23022. No abstract available.
  7. Psycho-social factors aggravating 'sick house' syndromes of sick house syndrome. Nami Imai https://soundcloud.com/ipp-shr_podcasts_05/ippshr_podcast_052
    , 2008.
  8. Psychosocial factors that aggravate the symptoms of sick house syndrome in Japan.
    Imai N, Imai Y, Kido Y. Nurs Health Sci. 2008 Jun;10(2):101-9. doi: 10.1111/j.1442-2018.2008.00389.x.
  9. Induction of apoptosis by rhapontin having stilbene moiety, a component of rhubarb (Rheum officinale Baillon) in human stomach cancer KATO III cells.
    Hibasami H, Takagi K, Ishii T, Tsujikawa M, Imai N, Honda I. Oncol Rep. 2007 Aug;18(2):347-51.
  10. Quality of life in patients with atopic dermatitis: using the Japanese version of the SF-36 health status questionnaire.
    Fukuroku K, Nagano T, Ogino S. Arerugi. 2002 Dec;51(12):1159-69.